スバル「“新”レガシィ」発表! めちゃカッコいい「スポーティセダン」に人気アイテム装着! 爆速仕様も米で登場

スバルが米国で販売する「レガシィ/アウトバック」の2025年モデルが発表されました。どのようなモデルとして登場するのでしょうか。

2025年モデルの「レガシィ/アウトバック」とは?

 スバルの米国法人は2024年4月11日、「レガシィ」と「アウトバック」の2025年モデルを発表しました。
 
 レガシィは初代モデルが1989年にデビュー。セダンとステーションワゴンをラインナップして人気を博しました。

7代目「レガシィ」の最新バージョン
7代目「レガシィ」の最新バージョン

 現在、国内でレガシィを名乗るモデルはクロスオーバーSUVの「レガシィ アウトバック」のみで、セダン(レガシィ B4)は2020年6月に生産終了、ワゴンは「レヴォーグ」へと引き継がれています。

 一方、アメリカでは今でもセダンとSUVが販売されており、2017年に7代目モデルが登場。

 2022年に大幅改良を受け、レガシィは大胆なグリルを装着するなどダイナミックなフロントフェイスに刷新。高性能な2.4リッターターボエンジンを搭載する「スポーツ」グレードは、より一層アグレッシブなデザインとなったほか、スポーツチューンサスペンションを装着するなど走りの質を高めました。

 アウトバックも同時に改良され、ワイルドなデザインのフロントフェイスに変更。北米では、オフロードグレードとしてタフな走りもこなせる「アウトバック ウィルダネス」もラインナップされ、フラッグシップSUVとして上質さをウリにする日本のアウトバックとは異なるモデルとして独自の進化を遂げています。

 今回発表された2025年モデルでは、レガシィとアウトバックの「リミテッド」グレードに人気の装備を追加。

「パワームーンルーフ」や「ドライバーフォーカス・ディストラクション ミティゲーションシステム」「スバル スターリンク 11.6インチマルチメディアナビゲーションシステム」「360度ヒーテッドステアリングホイール」といったアイテムが標準装備されました。

※ ※ ※

 2025年モデルの米国での価格は、レガシィが2万4895ドルから3万8195ドル(約381万円から約585万円)、アウトバックが2万8895ドルから4万2795ドル(約442万円から約655万円)です。

【画像】超カッコイイ! これが「最新のレガシィ」です! 画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

5件のコメント

  1. 「めちゃ」とか「えっ?」とか「超」とか学が無さそうなので止めて欲しい

  2. 相変わらずの変顔だなスバル、売れんだろ。

  3. トヨタ車に益々似てきたね。昔のレガシー独特の尖った個性が無くなった。ヨーロッパ車のような個性を目指してほしかった。良かったのは3代目まで。

  4. なんかスバルらしいといえばスバルらしい顔。
    好み分かれるだろうな。

  5. さっさと「目ヤニ」デザインに固執するコンセプトから
    卒業してほしい。「目ヤニ」造形には何のメリットもない。
    リアの保守的で落ち着いた感じも含め、他は好み。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー