300馬力超え! トヨタが新型「パワフル“SUV”」発表! 上品ブルーが超カッコイイ“超静音4WD”「RAV4」伯で約1210万円

トヨタのブラジル法人は2024年4月4日、「RAV4」にプラグインハイブリッド車を新設定すると発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

トヨタ新型「パワフルSUV」発表

 トヨタのブラジル法人は2024年4月4日、クロスオーバーSUVの「RAV4」にプラグインハイブリッド車(PHEV)を新設定すると発表しました。

ブルーもいいね! トヨタ新柄「RAV4 PHEV」
ブルーもいいね! トヨタ新柄「RAV4 PHEV」

 RAV4は1994年に初代がデビュー。街乗りでも快適な乗用車タイプのSUV(クロスオーバーSUV)という新たな市場を開拓しました。

 代を重ねるごとに大型化が進み、日本では一時期販売が休止になっていましたが、その間も海外では好調に推移。とくにアメリカでは「一番売れたSUV」「一番売れたトヨタ車」になるほど人気を集めています。

 現行モデルは5代目(2018年~)にあたります。今回、ブラジル市場に導入されたPHEVは、日本仕様のPHEVと基本的に同じですが、日本では選択できないボディカラー「トパーズブルー」が設定されるなど、少し変化があります。

 ボディサイズは全長4600mmX全幅1855mmX全高1695mm。2.5リッター直4エンジンと前後それぞれにモーター(電気式4WDシステム)を組み合わせたパワートレインを搭載し、システム最高出力304psを発生します。

 価格は従来からあるハイブリッド車(HEV)が34万9290レアル(約1055万円)、新設定のPHEVが39万9990レアル(約1210万円)。

 PHEVは、HEVがEVに移行するまでの橋渡し的な位置づけとする見方があります。ただブラジルでは、エタノールなどのアルコールを燃料として走行できるフレックス燃料車(FFV=Flexible-Fuel Vehicle)が普及していることもあり、同社はフレックス燃料車にハイブリッドシステムを搭載したHEV-FFVの開発にも力を入れており、2025年の生産を目指しています。将来的にはPHEV-FFVの生産を視野に入れています。

 カーボンニュートラル社会の実現にはEVより、それら電動FFVのほうが現実的なのかもしれません。EVが世界的に失速する中、ブラジルで開発が進む電動FFVにも期待が寄せられています。

【画像】超カッコイイ! トヨタ新型「パワフルSUV」を 画像で見る(23枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー