顔がスゴイ! “斬新顔”のスバル「3列SUV」!? 大排気量“6気筒”エンジン搭載の最上級モデル「B9トライベッカ」とは

スバルは海外で「アセント」という名前の大型クロスオーバーSUVをラインナップしています。そんなアセントの実質的な先代モデルとして存在していたのが、こちらも海外専売モデルとなる「B9トライベッカ」でした。どのようなクルマなのでしょうか。

顔がスゴイ! スバル「トライベッカ」って?

 日本では3列シートを備えた車両をラインナップしていないスバルですが、北米地域には「アセント」という名前の大型クロスオーバーSUVが存在し、こちらは7~8名分の3列シートが備わっています。
 
 そんなアセントの実質的な先代モデルとして存在していたのが、こちらも海外専売モデルとなる「B9トライベッカ」なるモデルでした。

顔スゴイ! スバル「トライベッカ」
顔スゴイ! スバル「トライベッカ」

 2005年から販売が開始されたB9トライベッカは、Bが搭載された水平対向エンジン、つまり「ボクサーエンジン」を表し、9は車格を表しています。ラインナップは3列シート7人乗りのほか、2列シート5人乗りも設定されていました。

 スバルのラインナップでは最大のボディサイズとなっており、“トライベッカ”はニューヨーク市マンハッタン南西部にある都市の名前が由来で、最先端の流行を生み出す活気あふれる街、ということでこの地名が選ばれたと言われています。

 そんなB9トライベッカは、当時のスバルのデザインアイデンティティであった「スプレッドウィングスグリル」を採用したエクステリアをまとっており、心臓部には日本の「レガシィ」などにも搭載された3リッター水平対向6気筒の「EZ30」型を搭載。

 駆動方式はスバル伝統の「シンメトリカルAWD」とし、トランスミッションは5速ATという組み合わせとなっていました。

 しかし、2トン近くある大柄なボディに多人数乗車となると、3リッターエンジンではパワー不足という声があったほか、スプレッドウィングスグリルを備えたエクステリアデザインの評判がイマイチだったことを受けて、2007年には早々にマイナーチェンジを実施。

 エンジンには排気量を3.6リッターに拡大した「EZ36」型が新たに採用され、トランスミッションにも手が加えられたほか、フロントマスクは同時期に登場した3代目「フォレスター」のような四角形に近いフロントグリルを備えたシンプルなものに一新。

 それに合わせてリアセクションのデザインにも手が入れられただけでなく、リアクォーターウインドウの形状も変更されるほど、大掛かりな改良が加えられていました。

 またこのタイミングで車名もB9トライベッカから「トライベッカ」となってイメージを一新しています。

 そんなトライベッカは北米地域においてデビューから2007年までの3年間は年間1.5万台前後の販売台数をキープしていましたが、その後は急激に販売が落ち込み、2010年以降は年間2000台前後で推移。結局2014年に終売となりました。

 日本では販売されなかったトライベッカではありますが、国内に存在しないクロスオーバーSUVの3列シートということもあり、少数が並行輸入されていて極稀に中古車市場で見かける機会もある1台です。

【画像】超カッコイイ! ”斬新顔”のスバル「トライベッカ」を画像で見る(12枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

Writer: 小鮒康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後になりゆきでフリーランスライターに転向という異色の経歴の持ち主。中古車販売店に勤務していた経験も活かし、国産旧車を中心にマニアックな視点での記事を得意とする。現行車へのチェックも欠かさず活動中。

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. カイエンに似ている

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー