有名女優も「ありかも」と驚きの声!? 今夏発売の新型「高級スポーツセダン」も実車公開! 中国「BYD」が大攻勢を開始した「狙い」とは

新型車導入や販売店拡大、さらにはゼロ金利キャンペーンで攻勢をかけるBYD

 今後BYDオートジャパンでは、2024年の年央に新型EVセダン「SEAL(シール)」の発売を予定しています。

 ボディサイズは全長4800mm×全幅1875mm×全高1460mm、ホイールベース2920mm。

 82.56kWのバッテリーを搭載し、一充電走行距離は640km(後輪駆動モデル/WLTCモード)。また四輪駆動モデルの0-100km/h加速は3.8秒と、十分なスポーツ性能も備えます。

東京・原宿で2024年4月10日より15日まで開催されるブランドイベント「ありかも、BYD Park!」に展示された新型ハイエンドEVセダン「BYD SEAL」
東京・原宿で2024年4月10日より15日まで開催されるブランドイベント「ありかも、BYD Park!」に展示された新型ハイエンドEVセダン「BYD SEAL」

 この新型シールは当面、日本のラインナップにおけるハイエンドモデルで、BYDブランドを象徴する存在となります。

 なおBYDオートジャパンによると今後、新型車種を毎年1車種以上、継続的に導入する予定だといいます。

 これにあわせて、国内販売拠点も拡大されます。

 2024年4月時点で23か所あるショールームに加え、近々の開業を予定する窓口(開業準備室)を合わせると、現在全国には51のBYD正規販売拠点があります。これを2025年までに100店舗まで拡大していくとのことです。

 ニューモデル攻勢とともに、国内での大幅な販売増を狙います。

 このようにBYDオートジャパンの大攻勢が現在スタートしていますが、直近の懸念材料も残ります。

 ATTO3が国土交通省で型式認定を取得した2023年6月当初、同モデルはクリーンエネルギー自動車導入促進補助金(CEV補助金)が85万円の補助対象車両でした。

 しかし2024年4月以降は、35万円に大幅減額となったのです。

 CEV補助金を管轄する経済産業省では、4月以降の新補助金決定に際し「『電動車が持続的に活用できる環境構築』も必要」と方針を変更しています。

 その理由については「従来の車両の要件に加え、充電インフラ整備やアフターサービス体制の確保、災害時の地域との連携等、自動車メーカーの取組を総合的に評価し、補助対象車両ごとの補助額を決定」したと説明します。

BYDオートジャパンの東福寺 厚樹 代表取締役社長
BYDオートジャパンの東福寺 厚樹 代表取締役社長

 これに対し東福寺社長は、次のように話します。

「正直驚いた部分もありましたが、評価ポイントの精査をどんどん急いで行っているところで、経産省に向けても随時提出できるところから再認証を働きかけていく予定です。

 またあわせて、直近の第一四半期からお客様のサポートとなるプログラムをスピーディに実施していきます。

 今回発表した『今だけ、0(ゼロ)金利キャンペーン』はその一環です。ATTO3の場合約22万円がお得になり、現在のCEV補助金と合わせ総支払額を抑えることが可能です。

 我々のクルマは他社にも十分対抗できる競争力もあると考えていますし、販売店舗も増えていることから、お客様にも納得いただけるのではないかと考えます」

 ゼロ金利キャンペーンは2024年4月1日から約3か月期間限定で行われる予定で、対象車種はATTO3とドルフィンの現行2モデル。残価据え置き型自動車ローン(4年間自由返済)の「BYD eローン」を利用し、期間中に成約したユーザーが適用するといいます。

 こうした取り組みが懸念を払しょくし、販売を加速する要素となるのか、2024年のBYDオートジャパンの推移が注目されます。

【画像】めちゃカワイイ! 「ありかも」とつぶやく有名女優&新型「スポーツセダン」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー