トヨタ「新型“3列”SUV」世界初公開! ゴツ顔&オシャ内装に進化の「ハイラックスサーフ!?」! 全面刷新で超進化した「4ランナー」米で発表

2009年発表の現行モデルから、15年ぶりのフルモデルチェンジを果たした新型「4ランナー」が2024年4月9日(現地時間)に発表されました。外装や内装にも、様々な変化が見られます。いったいどのようなクルマになっているのでしょうか。

15年ぶりのフルモデルチェンジ

 2024年4月9日(現地時間)、トヨタの米国法人は新型「4ランナー」を発表しました。
 
 2009年発表の現行モデルから、15年ぶりのフルモデルチェンジを果たした新型4ランナー。外装や内装にも、様々な変化が見られます。いったいどのようなクルマになっているのでしょうか。

アグレッシブに進化したトヨタ新型「4ランナー」
アグレッシブに進化したトヨタ新型「4ランナー」

 4ランナーは、日本で「ハイラックスサーフ」として展開されていたミッドサイズSUV。1984年に初代モデルが発売されて人気を博し、これまで5代目まで進化を続けてきました。

 日本では惜しまれつつ、4代目をもって販売終了。グローバルでは2009年登場の5代目が現行モデルとなっています。

 今回発表された6代目となる新型4ランナーの外装では、フロント形状が5代目から大きく変化。グリル回りは元々、ぐるっと半八角形のユニットで囲われるデザインでした。それが「グリル上半分」「グリル下半分」の「2つの半八角形ユニット」に分割されたデザインに変わりました。

 フロントグリルには、TRD Proなど本格的な走破性を備えるグレードでは「TOYOTA」文字ロゴがあしらわれ、それ以外には代わりにロゴマークが配置されます。

 ライトユニットもデジタル感のある近未来風のデザインに。ウインカーはL字型に変化しています。

 サイドを見ると、オーバーフェンダーの形状も変化しました。ゆるやかな半八角形だったのが、縦・横で構成されるような、ゆるやかな四角形に近いデザインになり、より「ゴツさ」が引き立っています。

 ドア下部のデザインは、底面からせり上がるような半六角形のデザインになり、くびれが生じています。5代目がスラっと外にふくれた形状だったのが、「引き締まった」側面の印象に変わっています。

 リアを見ると、リアゲートのハンドル回りが、半八角形の凹凸デザインから「四角形ハンドルユニット」が装着されたようなデザインに変化。ブレーキランプはL字形から、ランプユニット上部まで回り込む「コの字」形状に変化しているのが特徴です。

 さて内装ですが、外装のデザインを引き継ぎ、5代目よりもさらに直線主体の洗練された機能美が感じられます。カーナビはダッシュボード埋め込み型から、上部装着の最大14インチのマルチメディアタッチパネルディスプレイに進化。その分、センター側ダッシュボードはすっきりとした印象になっています。

 助手席側ダッシュボードには「TOYOTA」のロゴが。「トレイルハンター」仕様では代わりに専用ロゴが装着されています。

 インテリアカラーはまだ詳細な仕様が出ていませんが、画像ではグレー基調やブラック基調など、モデルなどにより複数種類あるようです。

 シフトレバーはノブ形状から角型のゴツイ持ち手に変化し、やはりタフ印象な印象にマッチしています。

 シートはグレードにより、ファブリックや「ソフテックス」、赤い縫い目のテクニカル迷彩柄など複数設定。座席やハンドルはオプションでヒーティングがあり、前席にはさらに空調機能も設定可能です。

 レジャーで効果を発揮するのが、2400WにのぼるACインバーター。また、スピーカーは「JBL Flex ブルートゥースピーカー」を搭載。こちらは取り外し可能で、車外でキャンプをする際などにも重宝します。

 新型「4ランナー」は2024年秋にアメリカへ上陸予定となっています。

【画像】超カッコイイ! トヨタ”ハイラックスサーフ”超ゴツ進化の「新型SUV」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー