日産「新型SUV」世界初公開へ!? 圧巻の「“斬新”つるつるボディ」! 元祖“超静音”モデル「リーフ」次期型まもなく登場か

日産が2024年3月25日に発表した新たな経営計画「The Arc」紹介動画「The Arc:日産経営計画 ~長期ビジョンへの架け橋」に「次期型リーフ」を思わせるSUVの姿が映り、注目を集めています。どのようなクルマなのでしょうか。

元祖「量販EV」のリベンジ計画は間もなく実施される!?

 2024年3月25日、日産は新たな経営計画「The Arc」において、今後3年間で30車種の新型車を投入すると発表。同時に25車種のシルエット映像も公開しました。
 
 なかでもその映像で先頭を走るクロスオーバーSUVモデルが、2010年より日産の電動モデルをリードし続ける「リーフ」の次期モデルでは、と話題を呼んでいます。

日産の新たな経営計画「The Arc」を紹介する動画のなかで先頭を走っていたモデルは…次期「リーフ」なのか!?
日産の新たな経営計画「The Arc」を紹介する動画のなかで先頭を走っていたモデルは…次期「リーフ」なのか!?

 2021年に日産が発表した長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」は、「クルマの電動化」を戦略の中核とし、移動と社会の可能性を広げるワクワクするクルマと技術を提供するというものでした。

 ここで、2030年度までに電気自動車15車種を含む23車種のワクワクする新型電動車を投入し、グローバルの電動車のモデルミックスを50%以上へ拡大するとアナウンスされています。

 そして前述の通り、3月25日には価値・競争力・収益性を向上させる新たな経営計画のThe Arcを発表し、2026年度までに16車種の電動車両を含む30車種の新型車を投入すると、改めてのアナウンスをしたことをご存知の方も多いことでしょう。

 国産メーカーとしてはいち早くBEVをリリースしてきた日産だけに、今後の展開が気になるところですが、日産の電動車の急先鋒といえばBEVのリーフであることは間違いありません。

 現在は2世代目が販売中のリーフですが、2026年度までに登場する16車種の電動車両の中に、3代目リーフが含まれていることは確実でしょう。

 そこで今回は、3代目リーフがどんなモデルになるのか考えてみたいと思います。

 リーフは、2010年12月に初代モデルが登場し、2017年9月に現行型となる2代目が登場。2019年1月には大容量バッテリーを搭載した「e+」も追加され、日常使いにも十分な航続距離を持つ電気自動車として、多くのユーザーから支持されています。

 ただまもなく登場から7年が経過し、やや商品力に陰りが見えてきたのも事実。

 特にプラットフォームは初代のキャリーオーバーであるため、更なる進化を目指すのであればプラットフォームから一新する必要があるでしょう。

【画像】めちゃカッコいい! 日産「次期型SUV!?」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー