スズキの「4.4リッター“V6”搭載モデル」登場! 最高出力350馬力の“最強”仕様! スズキ最大エンジン搭載の「DF350AT」とは

ジャパンインターナショナルボートショー2024が開催されましたが、スズキは同イベントで、同社最大級の最新船外機「DF350AT」を実機展示しました。どのようなモデルなのでしょうか。

スズキ最大級エンジン搭載モデル「DF350AT」実機展示

 ジャパンインターナショナルボートショー2024が、2024年3月21日(木) から3月24日(日)まで、パシフィコ横浜展示ホールと横浜ベイサイドマリーナで開催されましたが、スズキは同イベントで、同社最大級の船外機「DF350AT」を実機展示しました。

スズキのエンジンに4.4リッター“V6”あったとは…「DF350AT」
スズキのエンジンに4.4リッター“V6”あったとは…「DF350AT」

 DF350ATは、2017年から販売されている船外機。サイズは、全長974mm×全幅563mm×全高1956-2083mmです。

 最大出力約350馬力を発揮する4.4リッターV型6気筒エンジンを搭載。スズキの船外機では初となる12.0の高圧縮比により、ラインアップ最大の出力を誇ります。

 また、1気筒あたり2本の燃料噴射装置を装備したデュアルインジェクターと最適な燃焼室形状により、充填効率及び燃焼効率を上げ、優れた出力性能を実現しています。

 組み合わされるプロペラは、1機のエンジンで、2枚のプロペラが反対方向に回転する二重反転プロペラ「スズキ・デュアルプロップシステム」。これにより、単一プロペラの横圧を取り除くことにより、直進安定性が向上するほか、エンジンパワーがより効率的に水に伝わるなど、さまざまメリットがあります。

 また、エンジン回転数に応じて、トリム角度を自動で調整する「オートトリム」や、低回転時に一定速度域での走行を支援するシステム「スズキ・トロールモードシステム」なども搭載、利便性を高めています。

 エクステリアは、最上位モデルにふさわしい高級感のあるフォルム。ボディカラー展開は、ブラックとシルバーの2種類です。価格は、421万3000円から423万5000円までです。

 クルマやバイクユーザーにとってスズキといえば、自動車やバイクのイメージが強いでしょう。

 DF350ATは、スズキが開発・製造するどの自動車・バイク用エンジンよりも巨大な“最大級”のエンジンを搭載するモデルですが、自動車やバイクのエンジンと共通の部分はあるのでしょうか。

 この点について担当者は以下のようにコメントしています。

「基本的には別物ですが、コスト低減のため、一部パーツを共有するなどの努力は行っています」

 自動車・バイク用のエンジンとは全く別物のようですが、一部共有のパーツが使われているようです。

【画像】超カッコイイ! スズキの”4.4リッターV6エンジン”「搭載モデル」を画像で見る(30枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. はぁ?何がかっこいいの?不快です。

  2. クルマに搭載しなさいよww

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー