軽の「スポーティハッチバック」登場!? イケてる「ミライース」なぜ出来た? ダイハツだから出来るコトとは

「Toyota Gazoo Racing Rally Challenge 2024 in 沖縄」にダイハツ「ミライース」が参戦しましたが、どのような取り組みなのでしょうか。

めちゃスポーティな「ミライース」とは

 2024年3月16日・18日に開催された「Toyota Gazoo Racing Rally Challenge 2024 in 沖縄」。
 
 同県初のラリーとなりましたが、そこにはダイハツ「ミライース」が参戦していました。

ダイハツ「ミライース」がラリチャレ沖縄に参戦!
ダイハツ「ミライース」がラリチャレ沖縄に参戦!

 筆者(山本シンヤ)は沖縄初開催となるTGRラリーチャレンジにトヨタの早川茂副会長のコドライバーとして参戦してきました。2年前に豊田章男氏から「早川さんのコドラやってよ!」のひと言がキッカケでした。

 早川氏が使うマシンは進化型GRヤリスに搭載された「DAT」の開発車両で、筆者はコドラをしながらも、「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」のリアルを、最も間近で取材させてもらいました。

 実はラリチャレで同じような取り組みをしているマシンがあります。

 それがD-SPORT Racingがエントリーする「D-SPORTミライース」です。

 このマシンは3月1日-3日に開催された全日本ラリー選手権「三河湾ラリー」でデビューしましたが、「より身近なラリチャレにも」と言うわけで、今回のTGRラリーチャレンジに参戦。

 ミライースは「低燃費」、「低価格」、「省資源」を柱に開発された「第3のエコカー」として登場。現行モデルは2017年に登場した2代目になります。

 そんなミライースをラリーカーに仕立ててあります。ただ、単に競技に必要な安全装備(ロールバー/ハーネス)の追加ではなく、何とコペン用の直列3気筒ターボ+5速MTに換装。

 それに伴い熱対策(前置きインタークーラー、ダクト追加)やECUの変更、サスペンションやブレーキの強化が行なわれています。

 当然ながら、変更が行なわれている箇所に関しては言わずもがな、シッカリと改造申請が行なわれています。

 その中でも筆者が気になったのは、「なぜ、このようなクルマを作ったのか?」の部分です。そこで開発を担当するドライバーの相原泰祐氏に聞いてみました。

「身近な軽自動車をベースにしたスポーツモデルの提案になります。

 実はスズキさんのアルトワークスを横目に『僕らもあんなクルマが作りたいよね』と思っていましたが、そんなアルトワークスも生産終了してしまいました。

『それなら次は我々が……』と言う思いもありました」

 そんなD-SPORTミライース最大の強みは、直列3気筒ターボと安全装備をプラスしても710kgと言う軽量ボディの組み合わせで、走りのポテンシャルと言う意味ではコペンよりも高いそうです。

 ここ最近のダイハツのセダンタイプの軽自動車はベーシックなモデルが主でした。

 ハイト系と異なり全高は低い上に軽量と基本素性の良さ、そしてアフォーダブルな価格に目を付けたクルマ好きがカスタマイズを行ないホットハッチに仕立てている人も多いです。

 実はミライースの前身とも言える「エッセ」は、カスタマイズベースとしてその筋では非常に人気が高いです。

 そんなモデルを「ダイハツ自身で提供したい」と言う思いがあるのでしょう。気になる価格は「ラリー車に仕立てても200万円以内」を想定。「これなら気軽に!」と言えるでしょう。

 特に今回ラリチャレが行なわれた沖縄は日本の中でも軽自動車の比率が高い地域なので、この地域でのモータースポーツ活性化の切り札になる可能性もあるかなと思います。

【画像】「えっ…!」これが最強通勤マシン!? 軽ハッチの画像を見る!(24枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー