トヨタ新型「ランクル“ミニ”」はどんなモデルに!? コンパクト×カクカクの「本格SUV」登場へ! 待望の「新ランクルシリーズ」とは

”登場するんじゃないか”と噂があがっているトヨタ「ランクルミニ(仮称)」。昨年8月に行われた新型「ランドクルーザー250シリーズ」の発表時に存在が明かされたこのクルマについて、どのような形で実現しそうなのか。考察してみました。

トヨタ新型「ランドクルーザー ミニ(仮称)」どんなクルマになる?

 2023年8月にトヨタは、新型「ランドクルーザー250」を世界初披露しました。発売は2024年前半を予定しています。 

 その発表イベントの最後に、プレゼンを行っていたトヨタの取締役・執行役員デザイン領域統括部長のサイモン・ハンフリーズ氏は、「カーボンニュートラルへのさらなる提案や、より手に入れやすくできないか、なども考えているのです」と説明。それにあわせて、2つのクルマのシルエットがステージのメインディスプレイに映し出されました。大きなクルマと小さなクルマ。「ランドクルーザー」の未来を示唆する2台です。

これがトヨタ新型「ランクルミニ」になることを期待… (画像はコンパクトクルーザー)
これがトヨタ新型「ランクルミニ」になることを期待… (画像はコンパクトクルーザー)

 この2台のうち、大きい方はすぐに正体が判明しました。発表の2か月後となる2023年10月開催の「ジャパンモビリティショー2023(JMS2023)」にて公開された「ランドクルーザーSe」でした。

 全長5.1mを超える堂々たる体躯に3列シートを備えるEVです。「ランドクルーザー」の伝統のラダーフレームではなく、モノコックボディを持っていることが特徴です。

 床下に電池を並べることで、ラダーフレーム同等の強度を得ているということなのでしょう。

「ランドクルーザー」は、基本的に豪華なステーションワゴン、街中で使いやすいライトデューティー、タフに使われるヘビーデューティーという3つの系統を持っています。

 現行モデルでいえば、ステーションワゴンが「ランドクルーザー300シリーズ」で、ライトデューティーが「ランドクルーザープラド」と、その後継の「ランドクルーザー250シリーズ」、そしてヘビーデューティーが「ランドクルーザー70シリーズ」にあたります。

 そういう目線でいえばEVである「ランドクルーザーSe」は、ステーションワゴンもしくは、ライトデューティーのどちらかになります。

 全高の低いスタイリッシュさを見ると、ライトデューティーの可能性が高いかもしれません。

 そうとなれば、2023年8月に示唆された“小さな未来のランクル”、言ってしまえば“ランクルミニ(仮称)”は、残りのヘビーデューティーのクルマになるはずです。シルエット的にも、コンサバなオフローダーのように見えます。

 そこで気になるのが、その内容です。

 改めてサイモン氏の紹介を振り返れば、「カーボンニュートラルへのさらなる提案や、より手に入れやすくできないか、なども考えているのです」とあります。“カーボンニュートラルの提案”といえばEVであり、「ランドクルーザーSe」が該当するでしょう。

 そして、その上で「より手に入れやすくできないか」と考えているのが小さい方の“ランクルミニ(仮称)”であるように解釈できます。つまり、EVであり、より手に入れやすい=安価であることが推測できます。

 実際シルエット的には、2022年6月にトヨタ欧州が発表した「コンパクトクルーザーEV」がそっくり。コンパクトなことで、電池の搭載量を減らして、価格を抑えることができるのではないでしょうか。

 そこで気になるのは、「どの程度、“手に入りやすい価格”で登場するのか?」ということです。エンジン車である、「ランドクルーザー70シリーズ」の価格は国内で480万円です。フラッグシップの「ランドクルーザー300シリーズ」は510~800万円。そして、EVである「bZ4X」は550~650万円となります。

 これらの価格を鑑みれば、“ランクルミニ(仮称)”は、エンジン車の「ランドクルーザー70シリーズ」より安いということはないはず。

 かといって、「bZ4X」よりも高額であっては、とても“手に入りやすい”とは言い難いでしょう。ですから、価格は「bZ4X」に限りなく近いものになるのではないでしょうか。つまり、550~650万円といったところです。

 どちらにせよ、まずはエンジン車である「ランドクルーザー250シリーズ」が登場するのが先。そして、その後に「ランドクルーザーSe」と“ランクルミニ(仮称)”の予告があるはずです。残念ながら、もう少し待つ必要があるのは間違いありません。

【画像】「えっ…!」 これが新型「ランクルミニ」こと斬新デザインの「コンパクトSUV」を画像で見る(36枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. suvじゃ三菱の独走だからね
    トヨタもとりあえずナンチャッテをでっちあげなきゃなんないのかも
    実車試乗レポよろしく

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー