桜の「花びら」でクルマが痛む!? 意外な「悪影響」に要注意! 美しい「クルマの天敵」 正しい対策とは

まもなく開花シーズンを迎える「桜」ですが、散った「花びら」はクルマに良くない影響を及ぼすといいます。花びらがクルマに付着した際、どのように対処すればよいのでしょうか。

桜の「花びら」がクルマを痛める!?

 2024年も冬が明け、朝晩は肌寒くとも昼間は春の陽気が感じられる季節となりました。
 
 日本気象協会は2024年3月6日に桜の開花・満開予想を発表し、3月16日頃に愛媛県宇和島・高知県宿毛で開花がスタート。3月19日には東京などの関東地方でも開花が見込まれています。

桜の花びらにはクルマに良くない成分が含まれている
桜の花びらにはクルマに良くない成分が含まれている

 薄ピンク色の桜の花びらが風に乗り舞い落ちる様子は美しいものですが、実はその後、クルマに積もったり貼り付いた桜の花びらを放置するのは厳禁。

 実は桜の花びらはクルマにとって厄介な存在で、ボディの塗装を傷める危険もはらんでいるといいます。

 桜の花びらには水分が含まれているため車体に貼り付きやすく、また雨とともにボディにくっつくと接着したような状態になり、なかなか自然には落ちてくれません。

 そして花びらは鳥のフンや虫の死骸同様に「有機物」なので、クルマのボディに貼り付いたまま放置してしまうと“固着”したり、色素がボディの塗装を侵食して“変色”させる危険があります。

 愛車に消せないシミが残ることを防ぐためにも、クルマに桜の花びらが付着していたら中性洗剤やカーシャンプーを使用しながら、早めに洗車して落とすことが大切です。

 また、花びらが車体にピッタリ貼り付いて洗ってもなかなか取れない場合、力を入れてゴシゴシと擦るのは厳禁。

 強く擦ってしまうとボディにスリ傷ができる可能性が高いので、優しく時間をかけて汚れを落とすことを意識しましょう。

 そして汚れが頑固に固着してしまったとしても、水やお湯をひたしたタオルなどでふやかせば、汚れが浮いて落としやすくなります。

 そのほか、花びらが細かい部品の隙間に入り込んでしまって落としにくいときは、高圧で水を発射する洗浄機のある洗車場やガソリンスタンドを利用すれば安全に落とすことが可能です。

【画像】「えっ…!」 注意! これが「洗車機NG」のクルマです(21枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー