ホンダが「新型サルーン&ミニバン」日本初公開! 26年投入は「サルーンでは無い?」ミニバンは「市販化予定ナシ!?」 “0シリーズ”青山で披露、第3モデルは今後登場か

2024年3月5日から10日までホンダは「Hondaウエルカムプラザ青山」にて「Honda 0シリーズ」のSALOONとSPACE-HUBを日本で初公開します。

新グローバルEV「Honda 0シリーズ」を日本初公開

 ホンダは2024年3月5日から10日まで「Hondaウエルカムプラザ青山」にて「Honda 0シリーズ」のSALOONとSPACE-HUBを日本で初公開します。

ホンダは新グローバルEV「Honda 0シリーズ」を日本初公開!(画像はSALOON/一般公開時には乗り込むことは出来ないという)
ホンダは新グローバルEV「Honda 0シリーズ」を日本初公開!(画像はSALOON/一般公開時には乗り込むことは出来ないという)

 Honda 0シリーズは、「CES 2024」で世界初公開されたホンダの次世代EVとなります。

同社のグローバルブランドスローガン「The Power of Dreams ? How we move you.」や、2050年にHondaの関わる全ての製品と企業活動を通じたカーボンニュートラルを目指すという電動化方針のもとに展開されるホンダを新たに象徴するEVとなるモデル群です。

 この「0(ゼロ)」には「原点・出発点の『ゼロ』」、「『ゼロ』から創った価値で人の心を動かす」、「『ゼロ』への決意」という想いが込められています。

 このHonda 0シリーズの開発にあたり、長い航続距離を確保するためのバッテリー搭載量の増加や、それを搭載するための車体やプラットフォームの大型化などによる、”厚くて重い” EVという制約から解放し、新たなEVの価値を創造することを目指すとしています。

 このEV開発アプローチについてホンダは「Thin, Light, and Wise(薄い、軽い、賢い)」と表現。

 Thinは、フロア高を抑えた”薄い”EV専用プラットフォームにより、低全高のスタイルなどデザインの可能性を拡張するとともに、高い空力性能を実現しています。

 Lightは、原点に立ち返って生み出した独自技術で、これまでのEVの定説を覆す軽快な走りと電費性能を実現します。

 Wiseは、これまで培ってきた知見と知能化技術の進化により、クルマそのものが賢くなる、ホンダ独自のソフトウェアデファインドモビリティを実現していくとしています。

 今回、実車展示された2台はSALOONとSPACE-HUB。

 SALOONは、前述の「Thin, Light, and Wise」を体現するHonda 0シリーズのフラッグシップコンセプトモデルです。

 実車をひと目見るとまるでスーパーカーのような背の低さに驚きを隠せません。

 外観は低全高なスポーティスタイルですが、室内空間は大型セダン、まさにサルーンのような広さを実現しています。

 インパネにはシンプルで直感的な操作が可能な「HMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)」が採用され、ステア・バイ・ワイヤの採用をしたハンドルは前後自動で稼働する仕組みとなっています。

 一方のSPACE-HUBは、「人々の暮らしの拡張」を提供することをテーマに開発したモビリティコンセプトです。

 SALOON同様に「Thin, Light, and Wise」の開発アプローチにより、広々とした空間と見晴らしの良い視界を実現。

 見た目はミニバンのようなスタイルとなり、前席ドアはヒンジ式、後席ドアはスライド式を採用。

 また後席空間は2列目が対面式となる他、3列目はまるで高級ラウンジのようなソファ風のシートが採用されています。

 なおSPACE-HUBには「ユーザーの『やりたい』に即座に応えるフレキシブルな空間を備えるSPACE-HUBが、人と人、人と社会をつなぐハブとなり共鳴を生み出す」という想いが込められていると言います。

『Honda 0シリーズ』日本初公開! Hondaウエルカムプラザ青山にてSALOON と SPACE-HUB を展示
『Honda 0シリーズ』日本初公開! Hondaウエルカムプラザ青山にてSALOON と SPACE-HUB を展示

 なおHonda 0シリーズのSALOONとSPACE-HUBには、同社の新たな「Hマーク」が採用されています。

 いまのHマークは1981年に改定されて以来、様々なホンダ製品に採用されてきました。

 今回、次世代EVを開発するにあたり、象徴であるHマークを新たにデザイン。これはHonda 0シリーズを含むホンダの次世代EVに採用されます。 

※ ※ ※

 なおSPACE-HUBはあくまでもコンセプトモデルとなり、現状では「市販の予定は無い」と話す一方で、SALOONは「ほぼこの姿で市販化する」と明かしています。

 ただし、Honda 0シリーズの第1弾モデルは「このSALOONとは限らない」とも話しており、SALOONとSPACE-HUB以外のモデルが最初に登場する可能性も考えられる状況です。

 そんな現状ながら、第1弾モデルの登場時期は2026年より北米市場を皮切りにグローバル各地域へ投入していく予定と明かされており、今後2年の間で第3のモデルがお披露目されるかもしれません。

【画像】「えっ…!」これがホンダ新型サルーン!画像を見る!(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー