いすゞ新型「アグレッシブSUV」公開!? 6速MTもある無敵系「スポーティD-MAX」! タイでの発売に熱望の声も

いすゞのタイ法人が1トン積みピックアップトラック「D-MAX」のスポーティー仕様「Xシリーズ」の新モデルを、2月3日に発売しました。どのようなクルマで、どんな反響があるのでしょうか。

2月発売の新スタイル

 2月3日に発売開始となった、いすゞの1トン積みピックアップトラック「D-MAX」のスポーティー仕様「Xシリーズ」の、デザイン変更モデル。
 
 タイ法人により展開されるスポーティトラックの新型ですが、そのアグレッシブなスタイルに反響が集まっています。

いすゞ新型「D-MAX Xシリーズ」に「めっちゃ欲しい」の声も
いすゞ新型「D-MAX Xシリーズ」に「めっちゃ欲しい」の声も

 タイ国内で「D-MAX」といえば、トヨタ「ハイラックス」と並んで国民車とも言うべき大人気を博している、1トン積みピックアップトラックです。

 初代のデビューは2002年。それから2度のフルモデルチェンジを経て、現在は2019年発売の3代目となっています。タイ国内だけでなく、アジア、欧州、中東、アフリカ、中南米、オセアニアなど100か国以上の国と地域で販売されているグローバル戦略車へ成長しました。

 2022年度のグローバル販売台数は約34万台。そのうち生産国であるタイ国内だけで約18万台を記録しています。なお、タイは1トン積みピックアップトラックの最大市場にもなっています。日本国内ではまだ展開されていません。

 さて、本家タイでのD-MAXは5シリーズが展開されていますが、アグレッシブにカスタマイズされたのがXシリーズです。

「パワフルで無敵」というコンセプトで、デザインもパフォーマンスも独自に卓越したものを目指したといすゞはいいます。

 新デザインの専用アイテムは、ダークトーンのフロントグリル、フロント&サイドスカート、グロスブラックのアルミホイール、ストライプステッカーなど多岐にわたります。

 エンジンは最高出力150ps、最大トルク350Nmを発生する1.9リッターターボディーゼルで、6速MTまたは6速ATと組み合わせています。

 それぞれコーディネートを変えた2種類のパッケージ「スピード」と「ハイランダー」が展開されます。ボディカラーはブラックマイカとホワイトパール。どちらもXシリーズの象徴でもある赤の差し色を採用しています。

 駆動方式は2WDです。ボディサイズは全長5280mm×1870mm×1790mm(ハイランダー4ドア)。価格はスピードが74万8000から85万1000バーツ(約310万から350万円)、ハイランダーが87万8000から102万4000バーツ(約365万から425万円)と設定されています。

※ ※ ※

 SNS上での反響は「タイはいいなぁ、この種の車がMTで豊富に各メーカーラインナップされてる」「これはハイラックスよりエエなあ」「なんだよタイだけズルいぞ!」というもの。D-MAXシリーズの新型がタイで発売されるたびにこのような声が上がっており、「いすゞのピックアップトラック」に対する期待をうかがわせます。

 いっぽうで「1980年のRVブームの時はこういった車も結構売れた(実際自分もハイラックスに乗ってた)けど、今のRVはファミリーユースメインだから市場のパイはさほど大きくはないんだよな」と、市場規模を鑑みて国内展開は近い将来ではないことを匂わせる、冷めた見方のコメントも見られます。

【画像】パワフルで超カッコイイ!? いすゞ新型「Xシリーズ」見ればきっと欲しくなる!(画像を見る)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー