約60万円! めちゃ細ボディの「新型車」初公開! ド派手な「レッド内装」も採用した斬新「新型コンパクトカー」とは!

2024年2月27日、アントレックスは電気自動車(EV)の新型「EV-eCo」を発売しました。一体どのようなクルマなのでしょうか。

目がバグる!? めちゃ細い「新型車」登場!

 東京都新宿区に本拠を構えるアントレックスは2024年2月27日、新型の電気自動車(EV)「EV-eCo」を発売しました。

上質なデザインを採用した「新型EV-eCo」
上質なデザインを採用した「新型EV-eCo」

 新型EV-eCoは、好きな時に好きなところへ行ける「自由」と、それを実現する「主体性」をテーマに開発された新しいEVで、快適で楽しい移動とスタイリッシュな外観を実現したモデル。

 従来のEVには無かった乗用車のようなデザインを採用しながらも、購入しやすい価格と利便性、さらに環境への配慮まで兼ね備えているといいます。

 ボディサイズは全長2400mm×全幅1125mm×全高1619mmで、ホイールベースは1610mm。車体重量は310kgです。

 パワーユニットには、定格出力0.59kwのモーターと60V58.2Ahのバッテリーを組み合わせ、最高速度50km/hで走行します。

 連続走行可能距離は、フル充電状態で約40キロ(道路状況・走行環境による)。また、乗車定員は1名です。

 全長はさることながら、全幅のコンパクトさが際立つ新型EV-eCoは、自宅やオフィスの限られたスペースも有効活用して駐車が可能。

 そのボディサイズを活かして細い道も楽々と走行できますが、想像以上に室内は広く、後部には買い物などの荷物を載せることもできます。

 また左右両側に立派なドアが備え付けられているため、どちらからも乗り込みが可能で、駐車場に合わせて好きな方から乗り降りできる点もユニークです。

 そのほか後部カメラとフロントモニターを搭載しており、縦列駐車も容易。パワーウィンドウに加えて天井サンルーフも採用しているため、風通しが良く、天候にされずいつでも爽快な走行が楽しめます。

 同車の充電には特別な設備は不要で、家庭用の100V電源で充電可能。

 またミニカー登録のため車検や車庫証明は不要で、乗車時のヘルメットも装着義務はありません。

 一方で、法律により最高速度は時速60キロに制限されているほか、高速道路は走行できないので、この点は注意が必要でしょう。

※ ※ ※

 新型EV-eCoの車両価格(消費税込)は、64万9000円。

 2024年4月30日の出荷開始を予定しており、現在予約受付中だといいます。

【画像】カッコいい! これが斬新すぎる「めちゃ細クルマ」です(19枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

6件のコメント

  1. 日本でエアコン無いのはキツくねーか?

    • エアコン無いんですね…オプションでも良いから付けられれば良かったんですけどね

  2. お・・・おぅ

  3. フルボディでエアコン無しはあり得ない

  4. エアコンあるやないかい、写真見ずにコメントするやつまじなんなん

  5. 画像にエアコンの吹き出し口は見えるね。
    田舎で免許返納手前のおじいちゃんの買い物用足車としてならよさげだね。
    とはいえ航続40㎞だと片道10㎞までが限界かな。
    最高速度50㎞じゃバイパス乗られると迷惑だね。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー