日産「新型“本格”クロカン車」公開! 斬新「赤いNISSANロゴ」採用! 300馬力超えV6搭載の「フロンティアFE」米で150万円から実現可

2024年2月10日、日産は「フロンティア」のラリー仕様「フロンティア フォースバーグ エディション」の実車を公開しました。どのようなモデルなのでしょうか。

日産新型「本格クロカン」公開

 2024年2月10日、日産はピックアップトラック「フロンティア」のラリー仕様「フロンティア フォースバーグ エディション」をシカゴオートショー2024で実車公開しました。

もはやNISMO仕様!? 「フロンティア フォースバーグ エディション」
もはやNISMO仕様!? 「フロンティア フォースバーグ エディション」

 フロンティアは、日産が古くから展開する「ダットサントラック」の流れをくみ、グローバル展開されるピックアップトラックです。現行型は2021年に登場しました。

 ボディサイズは全長5339mm×全幅1897mm×全高1852mm(クルーキャブPRO-4X)。

 エンジンは最高出力310hp、最大トルク380Nmの3.8リッターV型6気筒ガソリンエンジンで、9速ATを組み合わせています。

 日産は、メキシコのバハ・カリフォルニア砂漠で開催される過酷なラリー「NORRA 500」に昨年、レーシングチームのフォースバーグレーシングと協力して、フロンティアで参戦し、優勝しました。

 今回発表されたフロンティア フォースバーグ エディションは、そのラリーモデルに着想を得たもので、市販を前提として各種パーツを装着しています。

 パーツは、鍛造アッパーコントロールアーム、ハイパフォーマンスサスペンション、17インチホイール、キャットバックエキゾースト、ロックスライダー(サイドガード)、LED照明付きルーフラックなど11点。

 タイヤ(ヨコハマジオランダー)を除いてすべてNISMO製です。

 2022年モデル以降のフロンティアに取り付けることができ、キット価格は9999ドル(約150万円)。2024 年秋の発売を予定しています。フォースバーグレーシングの創業オーナーでドライバーのクリストファー・フォースバーグ氏は次のように語っています。

「NORRA500での勝利によってNISMOオフロードパーツとヨコハマジオランダータイヤを備えた日産フロンティアの能力を証明できました。キットを通じてそのラギットな(いかつい)パフォーマンスをより多くのドライバーが体験できるようになります」

【画像】超カッコイイ! 日産”新型”「本格クロカン」を画像で見る(22枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー