「レトロデザイン×アウトドア」DAMDらしいデザインを継承した「DAMD HIJET FUZZ」がついに販売開始!

DAMDは、ダイハツ「ハイゼット」用の新型ボディキットである「DAMD HIJET FUZZ(ダムド ハイゼット ファズ)」を、2024年2月22日に販売開始したと発表しました。今回発売されたボディキットはどのような製品なのでしょうか。

懐かしさ感じるネオクラシックなデザイン

 自動車用カスタマイズパーツを展開するDAMD(ダムド)は2024年2月22日、ダイハツ「ハイゼット」用の新作ボディキット「DAMD HIJET FUZZ (ダムド ハイゼット ファズ)」を同日の午前10時に販売開始したと発表しました。

ダムドから発売されたハイゼット用の新型ボディキット「DAMD HIJET FUZZ(ダムド ハイゼット ファズ)」
ダムドから発売されたハイゼット用の新型ボディキット「DAMD HIJET FUZZ(ダムド ハイゼット ファズ)」

 2023年10月21日に名古屋港のガーデンふ頭ひがし広場(名古屋市)で行われた、ダムドのユーザー向けファン感謝祭「DAMD PARTY 2023」内にて先行発表された本ボディキットは、これまでダムドがコンセプトとしてきた「レトロデザイン×アウトドア」というテーマを維持したデザインで、フェイスチェンジキットとリアバンパーの2点構成となっています。ヘッドライトは角目4灯タイプを採用し、新たにアメリカンエッセンスをちりばめた製品になっているとのことです。

 フェイスチェンジキットは、フェンダーより前方部を全てオリジナルパーツでキット化し、専用のヘッドランプステー等も付属。ライト類も換装を行う構成で、ハイゼットの表情を大きく変えるアイテムに仕上がっています。リアバンパーは、横一文字のスチールバンパー風形状に、シンプルながらノスタルジックな角形テールランプをセット。前後パーツで直線基調のデザインを多く盛り込み、モダンバンの中に懐かしさを感じるネオクラシックなデザインが融合されています。

「DAMD HIJET FUZZ」を装着した同社のデモカーには、ウェッズの12インチホイール「GYRAFT 5S(ブラック/リムポリッシュ)」、トーヨータイヤの「OPEN COUNTRY R/T(145/80R12 80/78N LT)」を装着し、よりワイルドなビジュアルに仕上げたとのことです。

 既にハイゼットを所有しているユーザーへのパーツ単体販売はもちろん、ダムドのパーツを新車へ装着した状態でクルマごと購入できる「ダムド カスタムコンプリートカー」も、全国300店舗以上のダムド特約店ディーラーにて販売を開始しています。

 同社は「今後もファッションとして『自分らしさ』を表現するクルマの選択肢を増やし、カーライフを通してお客さまの人生や心が豊かになるような製品開発を展開してまいります」とコメントしています。

【画像】「えっ…!」これが「ハイゼット!?」「DAMD HIJET FUZZ」を見る(58枚)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー