超“丸目レトロ”の新「“スポーティ”ハッチバック」初公開! “近年の車”とは思えない「クラシックデザイン」がカッコイイ! お値段は170万円の「クラシック ポロ」にカスタムモデル登場

カーショップ「HALT(ハルト)」は、2024年2月10日から12日にかけ行われた「大阪オートメッセ2024」で、新たなカスタムカー「クラシック ポロ」の特別モデルを初公開しました。

カスタムカー「クラシック ポロ」の特別モデルが登場!

 2024年2月10日から12日にかけ「大阪オートメッセ2024」が開催されました。その際「HALT(ハルト)」は自社の展開するカスタムカー「クラシック ポロ」の特別モデルを発表しました。

 気になるその詳細について、確認してみましょう。

え?旧車じゃないの?HALT「クラシック ポロ」のカスタムモデル
え?旧車じゃないの?HALT「クラシック ポロ」のカスタムモデル

 ハルトは大阪で営業しているカーショップ。フォルクスワーゲンやアウディ、MINIといった欧州車ブランドのパーツを幅広く提供しています。

 そんなハルトが、直近新しく展開しているカスタムコンプリートカーが「クラシック ポロ」です。こちらはフォルクスワーゲン「ポロ」(6R型)をベースに、「ゴルフ2」のクラシックなデザインをイメージしてカスタムした車両となっています。

 今回のイベントで展示していたのは、その「クラシック ポロ」の特別モデル。通常の「クラシック ポロ」をさらにカッコ良くアレンジしています。

 まず、車体の正面下部にフロントスポイラーを追加。また、タイヤのオーバーフェンダーはビスが見えるようになっていて力強い印象を与えます。一方で、通常モデルと同じく丸形のヘッドライトですが、LEDヘッドライトに変更されています。

 側面にはサイドモールやサイドステップなどを装備。こちらも黒のデザインで、レトロな雰囲気を醸し出しています。後方部分には同じくレトロなリアバンパー・リアウィングが追加されています。

 1980年代のレーシングカーを思わせるデザインが施された「クラシック ポロ」特別モデルについて、会場のスタッフに話を聞いたところ「大阪オートメッセはカスタムカーイベントですので、それに合わせてクラシック ポロの良さを突き詰めてみました」とのこと。

 来場者からの評判も良く「ローダウンした仕様は更に反響が高く、参加していた業者様からも大変好評」だったそうです。

また、ゴルフ2の現役時代を知る年配層だけでなく、若い来場者の注目もかなり受けているようでした。

 今後は、希望に応じて通常の「クラシック ポロ」カスタムコンプリートカーに、展示車のような更なるカスタムを施すことも考えているそうです。

通常の「クラシック ポロ」カスタムコンプリートカーの販売価格は、税抜170万円からとなっています。

【画像】えっ…!これがまるで旧車な新型「クラシック ポロC」です! 画像で見る(36枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー