ホンダ製 「謎の和製スーパーカー」爆誕! ド迫力デザイン採用! 見た目は誰もが知る名車!? 「HORD PP40」の正体とは

「HORD PP40」というクルマが登場し、話題となっています。ベース車はホンダ車ですが、どのようなクルマなのでしょうか。

ホンダの名車をベースとした「HORD PP40」とは

 ホンダにはかつて2人乗りのミッドシップ・スポーツカーを販売していました。
 
 そんなクルマをベースに懐かしい名車の見た目を付与した「HORD PP40」というクルマが登場し、話題となっています。

まさに和製スーパーカー!?
まさに和製スーパーカー!?

 かつて「平成のABCトリオ」と呼ばれるクルマ達が存在しました。

 マツダ(オートザム)「AZ-1」、ホンダ「ビート」、スズキ「カプチーノ」です。

 その中のビートは、全長3295mm×全幅1395mm×全高1175mmという軽自動車規格ながらミッドシップ・スポーツカーとして1991年に登場しました。

 オープンな見た目も個性的ではありますが、F1で培われたテクノロジーを応用した「3連スロットル」が搭載されるなど、様々な部分にホンダのこだわりが盛り込まれています。

 そんなビートをフォード「GT40」そっくりに仕立てたのがHORD PP40です。

 GT40はフォードが威信をかけてル・マンでライバルのフェラーリに勝つために作られたクルマでした。

これがホンダ「ビート」なの? 驚きの「HORD PP40」が凄い!
これがホンダ「ビート」なの? 驚きの「HORD PP40」が凄い!

 ビートとGT40という全く共通点が無い2台の組み合わせはどのようにして誕生したのでしょうか。

 このHORD PP40を製作したのは日本工科大学校です。その担当学生は次のように話しています。

「平成ABCトリオの中でカプチーノのはAC『コブラ』などの名車に仕立てたカスタマイズをされることが多いです。

 そこで自分はそれに並べられるクルマを作りたいと思い、ベース車としてビートを選びました。

 そして派手なクルマ、マッチョで人の目を引くようなクルマという中でアメ車の『GT40』に仕立てることになります。

 製作期間は企画から約1年、製作自体は半年くらいです。

 こだわったポイントは、ホイールベースがビートとGT40では全然違うので、元になるFRPボディを1度切って繋げて行きました。

 またアクリルウインドウもイチから作りっています。

 内装もこだわっており、エンジンやスピードメーターだけはビートなので、外から見るとビートとはわかりません」

※ ※ ※

 なおHORD PP40は、メインはこの学生が1人で製作を行い、手伝いとして2人の別学科の学生に手伝ってもらったと言います。

【画像】「えっ…!」これが「ホンダ和製スーパーカー」です。 画像を見る!(23枚)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

3件のコメント

  1. いやいや、カプチをコブラレプリカにするのは決して多くないw
    1例だけじゃろ。恐ろしく完成度高いけど恐ろしく高い(その内容的には高くないけど)
    カプチはウチのみたいにお手軽バイパーレプリカ(カラーのみ〜エアロまで含む。ボディキットは見たことない)が多いよ。

  2. ホンダは作ってない。学生が作った車両。
    記者、見出しでミスリード誘うような姑息な記事づくりするな。恥を知れ。

  3. ここまでこだわるならシフトレバーを運転席右側にして欲しかったです

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー