ホンダ新型「シティ“ハッチバック”」初公開! コンパクトボディに「“VTEC”ターボ」搭載! 顔面刷新の「コンパクトカー」泰で249万円から

2024年2月7日、ホンダのタイ法人は、マイナーチェンジを遂げた新型「シティ ハッチバック」を発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

ホンダ新型「シティ“ハッチバック”」初公開

 2024年2月7日、ホンダのタイ法人は、マイナーチェンジを遂げた新型「シティ ハッチバック」を発表しました。

超カッコイイ! 初公開されたホンダ新型「シティハッチバック」
超カッコイイ! 初公開されたホンダ新型「シティハッチバック」

 日本でシティといえば、1981年に登場するも1995年に2代目モデルで終了となったコンパクトハッチバックを思い出す人も多いでしょう。

 一方海外では、現在もシティの車名を持つクルマが展開されており、その姿は主にコンパクトセダンに変化しています。

 しかし、タイなど一部の市場では、ハッチバックモデルの「シティハッチバック」も存在。現行型は2019年に登場したシティとしては7代目のモデルですが、今回この「シティハッチバック」にマイナーチェンジを遂げ新型モデルが誕生しました。

 ボディサイズは、全長4350mm×全幅1748mm×全高1488-1501mm、ホイールベース2589mmで、最低地上高は134-147mmです。

 エクステリアでは、新たなデザインのフロント・リアバンパーやグリルが採用され、よりスポーティな印象に。また、ホイールのデザインも改められ、精悍な印象に磨きをかけています。

 インテリアは、グレーのストライプをあしらった本革や合成皮革の室内装飾に変わり、高級感が高められています。

 また、Apple CarPlayやAndroid Autoがワイヤレスで接続できる8インチタッチスクリーンオーディオシステムや、後部座席用Type-CのUSBポートを2個新たに採用しています。

 さらに後部座席には、ウルトラシート(ULTR)を採用。60:40の分割折り畳みが可能で、必要に応じてスペースを広げて多目的に使用できます。

 パワートレインは、最高出力122馬力・最大トルク173Nmを発揮する1.0リッター直列3気筒VTEC TURBOエンジン、もしくは最高出力98馬力・最大トルク127Nmを発揮する1.5リッター直列4気筒i-VTECエンジンに最高出力109馬力・最大トルク253Nmのモーターを組み合わせたハイブリッドシステムe:HEVを用意。

 組み合わせるトランスミッションは、純ガソリンエンジン車がCVT、ハイブリッド車がE-CVTです。

 先進安全装備は、「Honda SENSING」を全車標準装備。アダプティブクルーズコントロールや先導車発車通報システムの機能が改められています。

 価格は、純ガソリンエンジン車が59万9000バーツ(約249万円)から、ハイブリッド車が72万9000バーツ(約303万円)からです。

 なお、今回スポーティモデルの「RS」も同時にマイナーチェンジしています。

ホンダ・シティのカタログ情報を見る

【画像】超カッコいい! 初公開のホンダ新型「シティ”ハッチバック”」を画像で見る(37枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. トランクの広さが分かるようにはなりませんか。ゴルフのキャディーバッグが椅子を倒さなくても積める広さが欲しいのです。よろしくお願いします。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー