顔が良すぎるトヨタ新型「カローラ“SUV”」発表! めちゃスポーティな「快速仕様」! 精悍感高めた「カロクロGRS」登場

2024年2月8日、トヨタのタイ法人はマイナーチェンジを遂げた新型「カローラクロス」を初公開しました。同車のラインナップには、日本にはないGRスポーツが設定されています。どのようなモデルなのでしょうか。

トヨタ新型「カローラクロスGRS」発表

 2024年2月8日、トヨタのタイ法人はマイナーチェンジを遂げた新型「カローラクロス」を初公開しました。同時に、日本のカローラクロスにはない、スポーティモデルとなる新型「カローラクロス GRスポーツ」も公開されました。

めちゃカッコイイ! トヨタ新型「カローラクロス GRスポーツ」
めちゃカッコイイ! トヨタ新型「カローラクロス GRスポーツ」

 カローラクロスは、2020年7月にタイで発表されたコンパクトSUVです。2021年9月14日には日本仕様が登場しており、“ちょうどいい”サイズ感などで人気を博しています。

 タイでも、2020年7月から2023年12月までの累計販売台数は7万1160台となるなど好調ですが、そのタイでカローラクロスのマイナーチェンジモデルが、初公開されました。

 エクステリアは、アーバン×プレミアムをコンセプトに都市で生活するユーザーのライフスタイルに合わせて変更。インテリアはより高級感のあるものに変更されており、内装色は高級感と優越感を与えるブラックと新色のダークローズの2色を設定しています。

 また、電動サンシェードを備えた大型フレームレスパノラマルーフなど充実の装備を新採用。パワートレインは、1.8リッターガソリンエンジンと、これにモーターを加えた1.8リッハイブリッドシステムを用意しています。

 先進安全装備は、すべてのハイブリッドモデルにToyota Safety Senseを標準装備。全車速ダイナミックレーダークルーズコントロール、アラウンドビューモニター、自動ブレーキなど充実の機能を備えました。

 同時に公開されたスポーティモデルの新型カローラクロス GRスポーツは、通常モデルと同様、新デザインのLEDプロジェクターヘッドライト、LEDクリスタライズドヘッドランプ、シーケンシャルLEDフロントウインカー、テールライトが採用され精悍な印象となっている一方、フロントバンパーやグリルなどは従来どおりで変更はありません。

 インテリアや先進安全装備の変更点も通常モデルと同様。パワートレインは、ハイブリッドのみです。

 ボディカラーは、ブラックとホワイトもしくはレッドとブラックのツートンの3色。価格は、125万4000バーツ(約520万円)からです。

【画像】「えっ…!」これが”顔が良すぎる”新型「カローラクロスGRS」です!画像で見る(50枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

3件のコメント

  1. 「顔」だけかい!
    今どきのクルマは、そんなことで売れるのか?

  2. レクサスRZの変な羽根付けたRZも、サイトでエアロだボディ色だカーボンだと、見てくれしか謳ってないもんな。

  3. 顔が良すぎる?個人の趣向とは言え、専門のジャーナリストとは思えない見識。この程度で良すぎるなら、デザインなんてちょろいものですね。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー