三菱の最新「小型ステーションワゴン」!? 斬新フェイス&豪華内装の最新「コルト“プラス”」販売してた! 登場から20年経過した“今でも新車で買える”国とは

すでに日本では販売終了している三菱「コルトプラス」が台湾で現在も新車販売されています。どのようなクルマなのでしょうか。

日本展開時の面影残すものの… 大進化していた「コルトプラス」

 三菱がかつて販売していたステーションワゴン「コルトプラス」が、実は今でも進化して国外で新車販売されています。
 
 一体どのようなクルマなのでしょうか。

登場から20年… 今も台湾で販売中
登場から20年… 今も台湾で販売中

「コルト」は2002年に、一世を風靡した三菱のコンパクトカー「ミラージュ」に変わる普通車エントリーモデルとして登場しました。

 使い勝手のよい5ドアハッチバックとして支持されましたが、2004年10月にはコルトをベースにリアセクションを300mm延長し、ステーションワゴンとしたコルトプラスが派生車種として登場しています。

 このコルトプラスは、1.5リッタークラスのステーションワゴンとしては、初めて「エレクトリックテールゲート」と名付けられた電動式テールゲートを備えたことが最大のトピックで、女性や年輩のユーザーにも嬉しい1台となっていました。

 また実用的なコンパクトステーションワゴンでありながら、1.5リッターターボエンジンを搭載したホットモデルの「ラリーアート」も用意されるなど、三菱らしさを感じるモデルであったことも特徴です。

 そんなコルトプラスも、2012年夏には国内販売が終了。

 直接的な後継車種も存在しないまま現在に至っているのですが、実は台湾ではこのコルトプラスが独自の改良を重ねながら、現在も現地生産され販売が続いているのです。

 コルトプラスが台湾で販売が開始されたのは2007年のこと。

 当時は日本仕様と同じルックスとなっていましたが、日本仕様が終売後の2013年秋には、外板パネルをほぼすべて一新するほどの大幅改良を実施したほか、ホイールハブを4穴から5穴に変更するなどメカニズムにも手が加えられています。

 そして、2017年には再びマイナーチェンジを実施。

 フロントマスクを三菱の新たなデザインアイコンである「ダイナミックシールド」を採り入れたものに変更され、テールランプの形状も近代的なLEDを用いたものとしたことで、日本仕様のコルトプラスとは全くの別車種のようなスタイルに変貌を遂げています。

 さらに2020年7月にもマイナーチェンジがなされ、新たにフォグランプやフロント/リアパーキングセンサーシステムを標準装備とし、デザインなどの変更によって全幅は1710mmまで拡大。日本では販売されていないため関係はありませんが、3ナンバーサイズに進化しました。

 一方、インテリアはそこまで大きな変化はないものの、メーターはアナログ式からTFTカラーディスプレイに刷新され、シートはレザーのものがおごられるなど、日本仕様よりも高級な仕立てとなっているのも特徴です。

 パワートレインは一時期、日本仕様に存在しなかった1.6リッターモデルなども用意されていましたが、現在は1.5リッターのDOHC「MIVEC」エンジンのみとなり、トランスミッションは7速スポーツモード付のCVTの組み合わせに一本化されていました。

 価格は53万9000台湾ドル~57万9000台湾ドル(日本円でおよそ253万円~272万円)と日本仕様に比べると高額となっています。

※ ※ ※

 台湾では三菱の主力セダンであった「ランサー」の名を冠する「グランドランサー」が販売されており、現在も国外専売モデルとして名称が残されています。

三菱・コルトプラス のカタログ情報を見る

【画像】超カッコイイ! 三菱「コルトプラス」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

Writer: 小鮒康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後になりゆきでフリーランスライターに転向という異色の経歴の持ち主。中古車販売店に勤務していた経験も活かし、国産旧車を中心にマニアックな視点での記事を得意とする。現行車へのチェックも欠かさず活動中。

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. これかっこいいか?絶対売れない。買うのは三菱関係者だけ!

  2. ギャランΣ、ディアマンテ、ギャランフォルティスと乗ってきた。カローラクラスのセダン、かつてのレグナムみたいなクルマをずっと待っていたが、出るのはSUVばかりでつまらない。サラバ三菱!

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー