トヨタ「新型コンパクトSUV」登場! 斬新グリーン&“新ハイブリッド”採用に反響! 「ヤリスクロス」西で発表

トヨタのコンパクトSUV「ヤリスクロス」が改良され、スペインに登場しました。SNSでは、どのような反響があるのでしょうか。

改良新型「ヤリスクロス」スペインに登場

 トヨタのスペイン法人は2024年1月25日、改良を施したコンパクトSUVの新型「ヤリスクロス」を発表しました。これについてSNSでは、どのような反響が寄せられているのでしょうか。

トヨタ新型「ヤリスクロス」(欧州仕様)
トヨタ新型「ヤリスクロス」(欧州仕様)

 ヤリスクロスは、トヨタが国内外で展開するコンパクトSUVのグローバルモデルです。コンパクトカー「ヤリス」と同じTNGAプラットフォームを採用し、2020年から販売されています。

 欧州向けヤリスクロスはこれまで1.5リッターハイブリッドのみでしたが、今回の一部改良で、従来の「ハイブリッド115」をパワーアップした「ハイブリッド130」を設定し、上級グレードの「プレミアエディション」「GR SPORT」に搭載します。

 ハイブリッド130は強力な電気モータージェネレーターを備えた大型のトランスアクスルを装備するとともに、パワーコントロールユニットも改良。システム総出力はハイブリッド115の116馬力から12%アップの130馬力に、最大トルクは141Nmから30%アップの185Nmにそれぞれ向上しています。

 結果、0-100km/h加速は0.5秒短い10.7秒、80-120km/hの追い越し加速は0.4秒短い8.9秒となっています。

 また、デジタルユーザーエクスペリエンスも大きく進化しました。

 12.3インチまたは7インチのインストルメントパネルと、10.5インチまたは9インチのマルチメディアタッチスクリーンを搭載。各種車両情報を表示するインストルメントパネルは「スマート」「カジュアル」「スポーティ」「タフ」、4つのスタイルオプションを用意しており、気分や旅のタイプに合わせてカスタマイズできます。

 マルチメディアシステムはクラウドナビを標準装備。さらに自然な会話に対応した音声操作機能も搭載し、例えば「ヘイ、トヨタ、寒いね」と言うだけでシステムが自動的にエアコンの温度を上げてくれます。

 安全面は、予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を含む、高度運転支援技術「トヨタチームメイト」が大幅に進化しました。トヨタセーフティセンスは、新しいカメラとレーダーシステムにより検出範囲を拡大。プリコリジョンシステムでは、潜在的な正面衝突や、歩行者、自転車、さらにはオートバイを含む様々な物体や車両を認識できるようになりました。

 今回の改良に合わせ、専用アーバンカーキ塗装を施した「プレミアエディション」も設定。18インチの5スポークホイールを装備するほか、ボディ色のアーバンカーキに合わせ、車内もインパネ、ドアパネルの加飾ラインなどにグリーンのアクセントを施しています。

 SNSでは、「きれいなグリーンだなぁ」「今回の一部改良いいな」といった感想が寄せられています。

 また、パワートレインについて、「日本仕様も一部改良されましたが、116馬力のまま…」「日本は130の投入はまだないようですね」と、日本仕様のハイブリッド130モデル投入を希望する声も複数ありました。

トヨタ・ヤリス のカタログ情報を見る

【画像】“速くなった”トヨタ新型「ヤリスクロス」を画像で見る(30枚以上)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー