日産の新型「ミドルサイズSUV」発表! “タフ感”強調した「新ゴツ顔」がカッコいい! 魅力的に進化した「新型Xトレイル」米で登場に反響集まる

日産の米国法人は2024年1月10日、マイナーチェンジした新型「ローグ(日本名:エクストレイル)」2024年モデルを発売しました。同車についてSNSではどのような評判が見られるのでしょうか。

日産のゴツ顔「新型SUV」に反響あり!

 日産の米国法人は2024年1月10日、ミドルサイズSUVの新型「ローグ」2024年モデルを発売しました。
 
 同車は日本で「エクストレイル」の名で販売されているモデルということもあり、デザインを大幅に刷新した今回の新型モデルについてSNSでは様々なコメントが投稿されています。

「デジタルVモーショングリル」採用でデザインが進化!
「デジタルVモーショングリル」採用でデザインが進化!

 現行型は2020年6月に米国で登場し、日本では2022年7月から4代目エクストレイルとして発売されています。

 両車は基本的に共通のデザインとなっていますが、搭載するパワーユニットが異なっており、日本のエクストレイルは1.5リッター直列3気筒VCターボエンジンとハイブリッドを搭載した「e-POWER」専用モデル。

 一方で、米国のローグのパワートレインは、当初2.5リッター直列4気筒ガソリンエンジンを、2022年からはターボ付きの1.5リッター直列3気筒ガソリンエンジンを搭載しており、e-POWERモデルは存在しません。

 今回発売された新型ローグはフロントを中心にデザインを刷新したほか、最新のコネクティッド機能「Googleビルトイン」を日産車で初めて導入しています。

 フロントグリルには最新の日産車に共通するデザイン「デジタルVモーショングリル」を採用し、力強さと先進性を強調。

 インテリアは、ドアパネルやシート、センターコンソール、助手席側ダッシュボードトリムなどに新カラーを取り入れ、快適でゆったりとした雰囲気を高めました。

 そして見所となるコネクティッド機能が、日産車として初搭載となる「Googleビルトイン」。

 GoogleマップやGoogleアシスタントといったGoogleアプリが、新型ローグのインフォテイメント機能に統合され、自由に使用可能となりました。

 また、Googleアカウントにログインすれば、スマートフォンのGoogleマップに登録されているブックマーク情報なども新型ローグのタッチスクリーンに表示されるため、ナビゲーション操作時の目的地設定がより効率的になっています。

 新型ローグ2024年モデルの車両価格は、2万8320ドル(約420万円)から4万100ドル(約595万円)です。

※ ※ ※

 この新型ローグに対しSNSでは、「新しい顔カッコいいじゃん」「これでまだ数年戦えるね」と、デザインを好意的に受け止める声のほか、「日本のエクストレイルもこのデザインになるのかな?」「早く新型モデルの実車を見てみたい」など、日本で販売されるエクストレイルにも同じ変更が行われ新型モデルに変わるのかを気にする投稿もありました。

 一方で、「このグリルはファミリーカーみたいな顔でまだ馴染まないなぁ」「SUVはコンセプトも違うはずだし無理に顔を統一しなくても…」といった、新型のデザインにまだ馴染めないという人や、「エクストレイルは初代のカクカクしたデザインが好きだった」という初代エクストレイルオーナーからの声もあり、数世代に渡る人気車種ゆえの悩ましさが垣間見えましたが、これらも時間が解決する問題なのかもしれません。

【画像】カッコいい! これが日産「新型SUV」です(50枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー