トヨタの「和製スーパーカー」公開!? 斬新ドア&迫力ボディ採用! ミッドシップレイアウトの「MX-1&2」とは

2023年10月、トヨタのアメリカ法人は、デザインスタジオの「キャルティデザインリサーチ」設立50周年を記念して、秘蔵のコンセプトカーやエピソードを初公開。今回は、そのなかからスーパーカーとしての鮮烈な存在感を放つ「MX-1」と「MX-2」を紹介します。

トヨタの「和製スーパーカー」! 「MX-1& MX-2」公開

 今後のデザインや技術の方向性を表現、提案するコンセプトカー。モーターショーやショールームなどで披露され、脚光を浴び、反響によっては市販化に至るケースもあります。一方で、一般公開されずにお蔵入りになるケースもあります。

 2023年10月、トヨタのアメリカ法人は、デザインスタジオの「キャルティデザインリサーチ」設立50周年を記念して、秘蔵のコンセプトカーやエピソードを初公開しました。今回は、そのなかからスーパーカーとしての鮮烈な存在感を放つ「MX-1」(1983年製)と「MX-2」(1985年製)を紹介します。

超カッコいい! 公開されたトヨタ「MX-2」
超カッコいい! 公開されたトヨタ「MX-2」

 1980年代、トヨタのブランド力を高めるためキャルティはスーパースポーツのコンセプトカーを総がかりで手がけたといいます。その第一弾が1983年製作のMX-1です。ミッドシップエンジンと、上方に開くシザースタイルドアが特徴でした。

 ちなみに同年、トヨタは東京モーターショーでミッドシップスポーツのコンセプトカー「SV-3」を披露し、翌1984年「MR-2」として市販化、話題を呼びます。

 MX-1の続編として1985年に製作されたMX-2は、ミッドシップエンジンというパッケージを受け継ぎながら、空力性能を最適化するためにエクステリアを改めて設計したといいます。インテリアはレースを想定した機能重視の設計で、右ハンドルと左ハンドルのどちらにも対応できる機構が盛り込まれました。

 また、ドアの開閉機構も変更。上方に開くという点ではMX-1と同じですが、支点が1点から2点になり、ガルウイングタイプになっています。

 さらにエンジンを覆う3次元曲面リアガラスが上方にガバっとひらくようになっているにもMX-2の特徴です。全面ガラス張りの車内は開放感に溢れ、どことなく「セラ」(1990年発売)を連想させます。

 1980年代、キャルティはMX-1とMX-2のほか、市販されたばかりのMR2をベースにキャビンを限界まで前方に押し出して4座とした未来型スポーツカー「MR2+2コンセプト」も考えたといいます。

【画像】超カッコいい! ”和製スーパーカー”トヨタ「MX-1&2」を画像で見る(30枚以上)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. マツダのデザイナーの爪の垢煎じて飲んだ方がいい

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー