530万円超え! 鮮烈レッドの「小さな高級車」発売! 全長4.3m級に「オシャレ“モカ”内装」設定! センス抜群の新「118i ファッショニスタ」予約開始

BMW日本法人は2024年1月31日、「1シリーズ」に限定モデル「118i Fashionista」を設定し、先行予約を開始しました。

人気限定モデル「ファッショニスタ」が新1シリーズに登場

 BMW日本法人は2024年1月31日、コンパクトハッチバック「1シリーズ」に限定車「118i Fashionista(ファッショニスタ)」を300台限定で設定しました。
 
 同日より予約受付を開始しています。

「1シリーズ」に女性人気の「ファッショニスタ」設定
「1シリーズ」に女性人気の「ファッショニスタ」設定

 1シリーズは、BMWラインナップのなかでもエントリーモデルに位置するコンパクトハッチバックで、2004年に登場しました。

 現行モデル(F40)は3代目で、これまでの1シリーズとは異なり新たに前輪駆動(FF)を採用したほか、2つのグリルが連結された新デザインの「キドニー・グリル」の装備、AIを活用したアシスタント機能などが採用されました。

 ボディサイズは全長4335mm×全幅1800mm×全高1465mm、ホイールベースは2670mmです。

 現在販売中のモデルは1.5リッター3気筒ガソリンターボエンジンを搭載する「116i」「118i」、2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載する「118d」、2リッター4気筒ガソリンターボエンジンと四輪駆動システム「xDrive」を組み合わせるハイパフォーマンスモデル「M135i xDrive」を用意しています。

 今回登場した118i ファッショニスタは、スタイリッシュなライフスタイルを送る顧客層をターゲットとし、特別な内外装をあしらった限定モデルです。

 ファッショニスタシリーズは先代1シリーズ(F20)で初めて設定し、その後5ドアMPV「2シリーズ アクティブツアラー」やコンパクトSUV「X1」にも用意するなど、主に女性ユーザーから高い人気を得ているといいます。

 118i ファッショニスタでは、エクステリアは「ミネラル・ホワイト」「メルボルン・レッド」の2色を用意し、通常は縦バーがブラックとなるグリルをアルミニウム サテンとするなど、エレガントさを強調しています。

 さらに2トーンの専用18インチホイールを装備しています。

 インテリアでは、ミネラル・ホワイトにはモカ/ブラックを、メルボルン・レッドではブラックを設定し、シート地はパーフォレーション加工を施したダコタレザーを採用。

 トリムにはブラックのアクセント入り「イルミネーテッド・ベルリン・トリム」を特別装備したほか、ステアリングは通常選択できないヒーター付きとなっています。

 機能装備では、標準装備のマルチインフォテインメントシステムとナビゲーションシステム「iDriveナビゲーション・システム」に、リアビューカメラとパークディスタンスコントロール、駐車時に軽いハンドリングをアシストするサーボトロニックを装着。

 このほか、キーなしでドアをロック・アンロックできるコンフォートアクセスやフロントシートヒーター、照明付きサンバイザーミラーなどを装備するライトパッケージやサンプロテクションガラスなどを特別に装備しました。

 新118i ファッショニスタの価格(消費税込)は534万円で、全車右ハンドルのみとなっています。

 なお、予約受付は会員制コミュニティ「Freude Membership Club(フロイデ・メンバーシップ・クラブ)」会員向けに配信されるメールで先行購入受付案内が行われ、会員以外は2月15日からBMW正規ディーラーで開始されます。

【画像】めちゃカッコイイ! 新「ファッショニスタ」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー