日産が「新型軽バン」発表! 約287万円の2シーター“窓なし”モデルも設定! 新型「クリッパーEV」2月に発売

日産は2024年2月12日、軽商用EVバン「クリッパーEV」を発売します。どのようなクルマなのでしょうか。

「ミニキャブEV」のOEMモデルが登場

 日産は2024年1月30日、軽商用EVバン「クリッパーEV」を発表しました。
 
 2月12日に発売予定です。

日産が「新型軽バン」発売
日産が「新型軽バン」発売

 新型クリッパーEVは、商用向け車両においても電気自動車(EV)の需要が高まっていることを受け、ラインナップの拡充を図ることで、今まで以上にユーザーにEVの魅力を届け、カーボンニュートラル社会の実現に貢献できることを目指すといいます。

 アライアンス傘下の三菱自動車「ミニキャブEV」からOEM供給を受けるモデルです。

 軽商用バンとして必要な荷室性能と積載量を確保しながらも、モーター駆動のEVならではの力強い走りで、重い荷物も軽快に運ぶことが可能だといいます。

 また、走行時や起動・停車時の静粛性も高く、早朝や深夜をはじめ、住宅街で使用する際にも安心して使うことができるとしています。

 バッテリーは床下中央に搭載し、低重心化を図ることで、軽商用バン特有の揺すられ感や段差での跳ね感を低減し、乗り心地の良さと操縦安定性を実現しました。

 荷室は最大積載量350kgを確保し、ホイールハウス出っ張りや後席を格納した際の段差をなくすことで、荷物の出し入れのしやすさなどを高めています。

 航続可能距離は180km(WLTCモード)を確保し、オプションで設定される急速充電を利用すると80%まで約42分で充電、普通充電では約7.5時間で満充電を可能とすることで、配送などの業務終了後に充電しておけば翌日には満充電で使用できるといいます。

 先進運転支援機能は、衝突回避を支援する「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や車線逸脱警報、ハイビームアシスト、踏み間違い防止アシスト(前進のみ)などを搭載。全車サポカーSワイド対象となっています。

 このほか、Type AおよびType Cの充電用USBポートや、急速充電中もしくは普通充電中に、車内の空調機能をオンにできる「プレ空調スターター機能」などを採用しています。

 ラインナップは2シーター、4シーターの2バリエーションを用意し、2シーターにはスライドドアガラスとリアクォーターガラスがパネル仕様となる「ルートバン」も設定しました。

 新型クリッパーEVの価格(消費税込)は、286万5500円から292万500円です。

【画像】超カッコイイ! 日産「新型軽バン」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. そんなのより、マグナイト日本導入した方が余程売れるよ、eパワーなぞ載せないで普通のリッターエンジンにターボ付けて。安く出せば軽自動車から変える人も出てくりのでは。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー