ダイハツ「10車種」出荷解除! ハイゼットやアトレーなど国交省が公表! 出荷・生産再開準備進める

2024年1月30日、ダイハツは国土交通省から、「ミラ イース」や「ハイゼット カーゴ」などの複数車種で、出荷停止を解除すると公表されたことを発表しました。

「ミラ イース」や「ハイゼット カーゴ」など出荷停止解除

 ダイハツは2024年1月30日、国土交通省より、「ミラ イース」や「ハイゼット カーゴ」などの複数車種で、出荷停止の指示を解除すると公表されたことを明かしました。

出荷停止が解除されたダイハツ「アトレー」
出荷停止が解除されたダイハツ「アトレー」

 ダイハツの認証不正問題は、2023年12月20日に第三者委員会の調査報告書を受けて、国土交通省に報告されていました。

 その後、報告書内容の事実確認の為に12月21日以降に国土交通省による立入検査などにより事実関係の確認を行った結果、46車種において不正行為が行われていたことが判明しました。

 そこでダイハツは、46車種のうち開発中の1車種を除く45車種について、道路運送車両法の基準適合性に関する確認試験などの技術的な検証を速やかに行い、結果の出た車種から順次公表することとしていました。

 2024年1月16日には、国土交通省はダイハツに対し、一連の不正行為に関する是正命令を出し、この際、日本での販売車種において特に悪質な不正であると判断された「3車種(ダイハツ「グランマックス」、トヨタ「タウンエース」、マツダ「ボンゴ」)」のトラックタイプのみ型式指定の取消し手続きを開始しています。

 続く19日には国土交通省は新たに「ダイハツの不正事案に係る基準適合性の検証結果」を公表。

 検証が終了した5車種(トヨタ「プロボックス」、マツダ「ファミリアバン」、ダイハツ「グランマックス(バンタイプ)」、トヨタ「タウンエース(バンタイプ)」、マツダ「ボンゴ(バンタイプ)」)について、「道路運送車両法の基準に適合していることを確認した」と言い、出荷停止の指示を解除しました。

 そして今回は、国土交通省より立会試験などの結果、さらなる10車種について道路運送車両法の基準に適合していることが確認されたことから、出荷停止の指示を解除するとの公表があったと発表され、計15車種で出荷が再開されるとみられます。

 今回出荷停止解除となった10車種は以下の通りです。

ーーー
●ダイハツ「ミラ イース」

●トヨタ「ピクシス エポック」

●スバル「プレオ プラス」

●ダイハツ「ハイゼット カーゴ」

●ダイハツ「アトレー」

●トヨタ「ピクシス バン」

●スバル「サンバー(バン)」

●ダイハツ「ハイゼット トラック」

●トヨタ「ピクシス トラック」

●スバル「サンバー トラック」
ーーー

※ ※ ※

 ダイハツは、今回の発表に際し以下のようにコメントしています。

「この度の当社による認証不正問題について、多くの方々に多大なご迷惑とご心配をおかけしておりますことを改めて深くお詫び申し上げます。

 引き続き、国土交通省の指示に基づき、認証当局立会試験などの必要な対応を行っていくとともに、当社として、お客様の日々の生活をお支えするクルマとして、お乗りいただくお客様に信頼いただけるかを、丁寧に確認してまいります。

 今後、出荷・生産再開にあたっては、販売会社や関係仕入先の皆様と密にコミュニケーションを取らせていただき、混乱をきたすことがないよう準備を進めてまいります」

ダイハツ・アトレー のカタログ情報を見る

【画像】出荷停止解除となった「ダイハツ車」を画像で見る(41枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

ダイハツ 新型アトレー 純正アクセサリー装着車
ダイハツ 新型アトレー 純正アクセサリー装着車
ダイハツ 新型アトレー 純正アクセサリー「収納式デッキボードセット」装着車
ダイハツ 新型アトレー 純正アクセサリー「収納式デッキボードセット」装着車
ダイハツ 新型アトレー
ダイハツ 新型アトレー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. ここまでダイハツの社内風土の問題が表面化してしまうと、現行車両は急造品で後から後から不具合が出てくるのではないかという心配もあって、購入時の候補でスズキと比較される場合には敬遠される可能性も出てくるのではと。
    現状では安全性能のみだけど、肝心のクリーン性能や燃費に関してもカタログスペック程と言わないまでも燃費が良くないとなれば、実走テストも何かズルをしているのではないかと疑われてもしょうがない。

    • 実走試験も含め、認証に関わる全てについて、検証可能な過去まで全て検証した結果が174件です。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー