トヨタ新型「ステーションワゴン」発表! 新採用“オシャグリーン”に反響!? 450万円超え最新「カローラ」3タイプが西に登場

トヨタのスペイン法人が「カローラシリーズ」の新たな改良モデルを発表しました。SNSでは、どのような反響があったでしょうか。

「ブリストルグリーン」を新採用

 トヨタのスペイン法人は2023年12月28日、ハッチバックやツーリングスポーツ、セダンといった「カローラシリーズ」の最新2024年型を発表しました。SNSでは、どのような反響が寄せられているでしょうか。

トヨタ「カローラ」シリーズ(2024年スペイン仕様)
トヨタ「カローラ」シリーズ(2024年スペイン仕様)

 トヨタのカローラシリーズは1966年に登場。2021年には世界累計販売5000万台を達成するなど、トヨタを代表するブランドのひとつです。

 現行モデルは2018年に登場した12代目で、ハッチバックモデルの「カローラスポーツ」から登場。翌2019年にはセダンモデル「カローラ」と、ステーションワゴンモデル「カローラツーリング」が展開されました。

 カローラシリーズは世界150の国と地域で販売されており、地域独自の派生モデルもありますが、12代目は最新のTNGA GA-Cプラットフォームをグローバルで採用し、大幅な効率化が図られています。

 ちなみに日本仕様も3ナンバーのワイドボディですが、日本の道路事情に配慮し、セダンとカローラツーリングについては全幅やミラー幅、全長などを抑えコンパクトにした独自仕様です。

 日本仕様は、2022年にマイナーチェンジを実施。内外装デザインの小改良とともに、ハイブリッドシステムの刷新や先進運転支援機能のアップデートを行ったほか、コネクティッド機能を強化した新世代ディスプレイオーディオなどを採用しました。

 スペイン向けモデルも同様の改良が行われ、2023年型として販売されてきましたが、今回登場したのは、その一部改良版となる2024年型です。

 2024年型は、スマートフォンで施錠・解錠できるデジタルキー機能や、ナノイーX空気品質システムを導入。

 また、ボディカラーは、ツーリングスポーツと5ドアハッチバックに2トーンカラーの「ブリストルグリーン」を、セダンに「ポーラーシルバー」をそれぞれ新設定しました。

 現地での価格は、5ドアハッチバックが2万5000ユーロ(約400万円)、ツーリングスポーツが2万6500ユーロ(約420万円)、セダンが3万50ユーロ(約480万円)からです。

 SNSでは「すごい色だな」といった投稿や、「400万円代のカローラか」「別に、カローラが400万円したとしても、そういう時代だと思うだけです」など、価格に触れる声が多数ありました。

 また、「カローラツーリングはやはり日本版ナローボディーの方がかっこいいと思う!」という感想もありました。

トヨタ・カローラ のカタログ情報を見る

【画像】超カッコいい! オシャレ”グリーン”のトヨタ新型「カローラ」を画像で見る(50枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

7件のコメント

  1. マツダと逆で売れる要素がない。何を誰に訴求しているのか?作りたい欲求が全く見えない。
    上司似怒られないように作った感。
    ゴルフやパサートに全く対抗できてない。とりあえずデザイナーは外して公募したほうがいい。

    • そうか?俺様はステーションワゴン大好き人間だから少数派の意見も汲み取って再販してくれるトヨタはLOVEだ。他メーカーはグローバル化か知らんが、なんでも世界に合わせようとする。EV化もそうだ。
      最近の車はコンパクトばっかりで窮屈で嫌になるね。かと言ってSUVやミニバンはドライバーとして体感が好まない。SUVは感覚掴みにくい、ミニバンはカーブで振られる。やはり重心低いステーションワゴンが1番だよ。
      トヨタは車好きのことを分かってるね。EV・FCVに全振りしないところも評価できる。

  2. 新聞のようにスペースの制約があるわけではなく、実際タイトルも長いのに、国名だけは漢字一字に略すことにこだわるのはなぜでしょうか?

  3. いい加減に日本で売られてないクルマで釣るのはやめなよ
    クズ記事で人の時間を奪うのはどうなの?

  4. トヨタが絡み出した時点でレガシーを大きくしてカローラにしてしまえ。って計画があったのかもねw
    カローラはレガシーどころかアテンザにも勝てんけど^ ^

    ってか日本の悪はトヨタだな。
    13年縛りもトヨタ絡みだよね〜

    • トヨタがそんな一国の法律に介入できるの?
      しかし、最近のトヨタはEV化・FCV化にはNOを突きつけていることを考えれば国に対して物を言ってんじゃないか?
      以前は中国にベッタリで危ない気もしていたが、最近は日産の方がヤヴァイ。

  5. >カローラツーリングはやはり日本版ナローボディーの方がかっこいいと思う!

    流石にこれだけは無い。
    カローラエンブレムとナローボデーで日本のツーリングは台無し。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー