29年落ち日産「”超凄い”セダン」が400万円!? わずか200台の「スカイラインR33-R」! 激レア・極上個体が米オークションで落札

1995年に製造された日産「スカイライン インパルR33-R」がオークションに登場し、最終的には2万7000ドル(約400万円)で落札されました。その詳細を確認してみましょう。

日産「スカイラインR33」の特別モデルが出品!

 2024年1月17日、米オークションサイト「Bring a Trailer」で、日産「スカイライン インパルR33-R」が2万7000ドル(約400万円)で落札されました。日本でも知名度は高い「スカイラインR33」。その詳細について、見ていきましょう。

オークションに出品された日産「スカイライン インパルR33-R」(Photo:Bring a Trailer)
オークションに出品された日産「スカイライン インパルR33-R」(Photo:Bring a Trailer)

 日産が半世紀以上にわたり生産しているセダン「スカイライン」。今回のオークションで出品している「スカイラインインパルR33-R」は、日産のレーシングドライバーだった星野一義氏の会社「ホシノインパル」が手掛けています。

 ベースは、1990年代に生産されたスカイラインの9代目モデル。生産は200台限定です。

 パワーユニットは、ターボチャージャー付きの2.5リッターの直列6気筒エンジンと5速MTを組み合わせています。最大出力は250馬力にもなるそうです。

 外装はサイドスカートやリアホイールアーチ、シルバーの17インチアロイホイールなどを装備。ボディーも改良されていて、通常モデルよりローダウンしています。さらに、アンチロールバーも取り付けられています。

 その他、4輪ディスクブレーキやリアリップスポイラー、自動の温度調節器、タッチスクリーンヘッドユニット、913Expertステアリングホイールなどを追加装備。おかげで上質な走行を堪能できそうです。

 走行距離は8万3000km。車体には細かい傷などもあるようですが、全体的にはかなり状態が良く、シリアル番号付きのプレートもしっかり残っています。

 オークションでは22件の入札があり、最終的には2万7000ドル(約400万円)で落札されました。

【画像】めちゃカッコいい! 出品された「スカイライン インパルR33-R」を画像で見る(30枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー