ド迫力ワイドな日産「新型GT-R」初公開! 極太センターマフラー&巨大ウィング装備! ゴールデンな“新旧融合モデル”爆誕

様々な国産車のカスタマイズパーツを展開するクールジャパンは、日産「GT-R(R35型)」をベースにしたカスタムカーを「東京オートサロン2024」に出展しました。どのような特徴があるのでしょうか。

エレガントレーシーな「GT-Rデモカー」とは

 様々な国産車のカスタマイズパーツを展開するKUHL JAPAN(クールジャパン)は、2024年1月12日から幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催された「東京オートサロン2024」に日産「GT-R(R35型)」をベースにしたカスタムカー「GT-R 35R-2024EDITION WIDE BODY」を初展示しました。

 どのような特徴があるのでしょうか。

めちゃカッコイイ! KUHLが手掛けた新型「GT-R 35R-2024EDITION WIDE」
めちゃカッコイイ! KUHLが手掛けた新型「GT-R 35R-2024EDITION WIDE」

 クールジャパンは、今回「エレガント&レーシー」「新旧融合」コンセプトに掲げ、出展車両を製作。

 展示ブースには、シャンパンゴールドカラーに身を包んだ様々なモデルが実車展示されました。

 なかでもメインカーとなった1台が、GT-R 35R-2024EDITION WIDE BODYです。今回の出展について、クールジャパンの担当者は以下のように話します。

「メインカーであるGT-Rは、今回が実車初公開となります。

 展示してあるデモカーは公道走行不可車両ですが、公道走行可能な仕様にして販売しています。コンプリートカーとしても販売しており車検対応可能です。

 GT-Rはフロントを2024年仕様のデザインにしています。デモカーなので所々激しく攻めている箇所がありますが、販売の際はデザインが少し変わります」

 フロントは、GT-R2024年モデルをオマージュした新しさを感じさせるバンパーデザインが取り入れられているほか、レーシーなフェンダーカナードや、懐かしさを感じさせるBOX形状のディフューザーカナードを装着し、新旧融合を感じさせるスタイルに仕上がっています。

 また、フロントフェンダーは片側+30mmの控えめワイドサイズで、リアフェンダーも片側+30mmのサイズにとどめ、「純正フェンダーカットの必要ないワイドフェンダー」というテーマを具現化しているといいます。

 ほかにも、リヤ側では4本出しマフラーをセンターにレイアウトしているほか、2024モデル純正バックフォグをインストール。

 ホイールは新作ホイールだという「VERZ-KRONE04」を装着し、コンセプトであるエレガントレーシーや新旧融合のテーマを具現化するようなデザインとなっています。

※ ※ ※

 このほかクールジャパンのブースには、エレガントレーシー仕様なトヨタ「プリウス」や、スポーティ仕様の「ヴェルファイア」「アルファード」などのゴールドに統一された車両が勢ぞろいし、一際注目を集めていました。

日産・GT-R のカタログ情報を見る

【画像】超カッコイイ! ”ゴールデン”な日産「新型GT-R」の画像を見る(18枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. カッコイイのか? 飛ばしたらパーツもげて飛んでいきそう

  2. ギリ・チバラギマシンですね。昭和後期の派手なエアロパーツを彷彿とさせる出来栄えではないでしょうか。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー