後席1人乗りの「新型レクサス」!? めちゃ「くつろげる」! 新型「LM」カスタムに込められた「斬新レイアウト」の狙いとは

HKSは「東京オートサロン2024」で、レクサスの新型ミニバン「LM」をベースにした「HKS e-Drivingコンセプト」を発表しました。新車価格2000万円という超高級車に対し、HKSはどのようなカスタマイズを施したのでしょうか。

究極のプライベート空間を支える「究極の足回り」

 2024年1月12日から14日まで開催された「東京オートサロン2024」のHKSブースで、ひときわ注目を集めていたのが、レクサスの新型ミニバン「LM」の贅沢な後席空間に、超本格的な「e-SPORT向けドライビングシミュレーター」が仕込まれたコンセプトモデルでした。

「あのHKSが移動型ドライビングシミュレーターを発表したのか」と思ってしまいますが、実は本当の狙いは別のところにあったといいます。

どこが凄い!? レクサスの新型「LM」をベースにした「HKS e-Drivingコンセプト」とは
どこが凄い!? レクサスの新型「LM」をベースにした「HKS e-Drivingコンセプト」とは

 レクサスが誇る高級ミニバンである「LM」は、2023年に2代目モデルへと切り替わり、日本では12月下旬に正式発売となったばかりのニューモデルです。

 日本向けは、4人乗り2.5リッターハイブリッド+AWDの「LM 500h」1グレード展開で、価格は2000万円という超高額車。

 その新型LMの後席にドライビングシミュレーターを搭載したのが、今回ご紹介する「レクサスLM HKS e-Drivingコンセプト」です。

 エッチ・ケー・エスの広報戦略課 近藤 剛生氏にお話を聞きました。

「レクサスLM HKS e-Drivingコンセプトの狙いは、後席2人乗りという贅沢なLMの世界観をさらに凌駕する『究極的にくつろぐクルマ』です。

 新型LMのコンセプトである『素に戻れるクルマ』のさらにその先をイメージし、週末にモータースポーツに勤しむ人が、サーキットまでの移動中や自宅ガレージで、ドライビング練習をするという、完全なプライベートスペースを表現しています」

 クルマ好きにとって、まさに「これぞ贅沢の極み」といった空間です。

 純正後席シートを取り外して搭載されたドライビングシミュレーターは、e-モータースポーツ用の最高級ドライビングシミュレーターの「DriVe X」。

 本体価格のみで2~300万円、設営するにも数十万円はかかるという贅沢なマシンです。

 フロアにはヘリンボーン模様のフローリングが採用されており、もともとラグジュアリーな空間が、さらにゴージャスに飾られています。

【画像】めちゃカッコいい! レクサス新型「LM」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー