ソニー・ホンダが新型「“斬新”セダン」初公開! 流麗な“ツルツル”ボディ採用! 2026年発売に向け「アフィーラ」は何が進化したのか

2024年1月8日、ソニーホンダモビリティは、2026年の発売を目指して開発中である「AFEELA(アフィーラ)」の改良型を初披露しました。どのようなモデルなのでしょうか。

進化した「AFEELA(アフィーラ)」初公開

 2024年1月8日、アメリカで開催されたCESにて、ソニーホンダモビリティは、2026年の発売を目指して開発中である「AFEELA(アフィーラ)」の改良型を初披露。現在、進めている開発の内容などが紹介されました。

何が変わった? 新たに初公開された「アフィーラ」
何が変わった? 新たに初公開された「アフィーラ」

 アンヴェールされた「CES2024」版とも言える最新のAFEELAは、ちょっと拍子抜けするほど昨年から変化の少ない姿でした。

 ただし、サイドミラーの追加やリヤのディスプレイの廃止など、リアルな量産車の姿にまた一歩近づいており、市販の近さを感じさせる内容とも言えます。

 発表の場となった今年のCES2024は、建屋にでかでかと「AI for ALL」とあるように、どこに行ってもAIの話が出るというほど。ソニーホンダモビリティの発表でも、当然のように、話の内容はAIがらみとなっていました。

 それが「ADAS(先進運転支援技術)へのAI活用」と「AIを用いた対話型パーソナルエージェントの開発」というものでした。

「ADASへのAI活用」は、画像認識などにAI技術を使うことで、よりレベルの高いADASを実用しようというものです。

 そして「AIを用いた対話型パーソナルエージェントの開発」は、マイクロソフト社と連携して、開発を進めると言います。

 ちなみに対話型パーソナルエージェントは、スマートフォンのSiriや、アマゾンのアレクサのようなAIスピーカーのような存在で、クルマに関する操作や情報検索などを手助けしてくれることが期待されています。

 また、エピックゲーム社と提携して、仮想空間を活用した新しいエンターテイメントやゲーム機能を開発中であることも説明されています。

 さらにAFEELAの車内で使えるアプリやサービスをオープンにすることも発表されました。ゲーム本体をソニーが作り、社外のクリエーターがゲームを作るというような恰好です。

 ソニーやホンダ以外のクリエーターが、AFEELAの魅力を高めてくれることが期待されます。これらは「創造的なエンタテインメント空間としてのモビリティ」という内容です。

 ちなみにAFEELAのブースの一画には、ヴァーチャル空間でAFEELAを運転するというシミュレーターのデモ・コクピットが用意されています。そこに表示される、ヴァーチャル空間はリアルそのもの。

試しにハンドルを握ってみたところ、長旅の疲れもあってか、しっかりとヴァーチャル酔いしてしまいました。脳が錯覚するほどのリアルさともいえます。

 走る/曲がる/止まるに、留まらない、新しいエンタテインメントを楽しむクルマ。そんな新型AFEELAを期待できる発表と展示でした。

【画像】超カッコイイ! ソニー・ホンダの新型「斬新セダン」を画像で見る(29枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー