ホンダ新型「和製スーパーセダン」&「ミニバン」初公開! 新ブランド「ゼロシリーズ」の斬新デザインに込められた“意図”とは

2024年1月に開催されたCES2024にてホンダは、新たなグローバルEV「0(ゼロ)シリーズ」を発表しました。同シリーズにデザイナーが込めた思いを探ってみました。

ホンダの「0シリーズ」にデザイナーが込めた思いとは

 2024年1月に開催されたCES2024にてホンダは、新たなグローバルEV「0(ゼロ)シリーズ」を発表。併せて新型「サルーン」と新型「スペースハブ」の2台のコンセプトカーを初公開しました。

 ホンダは2026年から順次、同シリーズのEVを世界市場に導入していくことを予告。そのデザイン・コンセプトがCESにてお披露目されたのです。

ホンダの新EVブランド「ゼロシリーズ」の「新型サルーン」
ホンダの新EVブランド「ゼロシリーズ」の「新型サルーン」

 そこで、ホンダのEVのデザインを監督するクリエイティブ・ダイレクターの蔦森さんに、この2台に込められた思いを聞いてみました。

「我々(ホンダ)には、T(1963年発売のT350)とS(1963年発売のS500)という原点があって。それは、非常にスポーティなものと、ファンクショナル(機能的)なものと、両方やってきた原点であります。

 それを現代的に解釈した2台が、この新型サルーンと新型スペースハブの2台だと思っていただいた方が良いかなと思います。ですから、サルーンはドライビングな、スポーティな方向に振っていて、新型スペースハブは、ファンショナリティに振っていると解釈していただければいいかなと思います」と蔦森さん。

 実のところ、2026年から発売される0シリーズですが、最初に、今回の2台が発売されるとは決まっていないようです。

 特に新型スペースハブは量産化も決定していないとか。つまり、他の0(ゼロ)シリーズが最初に登場するかもしれないというのです。それでも、あえて、この2台が登場したのはホンダの原点に近い0シリーズの神髄的な存在になるからだったのでしょう。

「ホンダのデザインの本質は、シンプルであるべきだし、シンプルでありながらも独創的にしていかなきゃいけない」とも蔦森さんは説明します。確かに、今回の新型サルーンと新型スペースハブは、どちらも十分にシンプルであり、独創的なデザインと言えるでしょう。

「まったく新しい0(ゼロ)シリーズという中で、薄く、軽く、賢く作っていく。特に薄さや低さみたいなものは頑張っていくぞ!と注力していて、かつMM思想(マンマキシマム・メカミニマム:人の空間は広く、機械は狭くというホンダの伝統的な考え)をかけあわせることで、低くて薄いんだけど、乗るとめちゃくちゃ広いというのをやろうとしています」

 現物の0(ゼロ)シリーズは、蔦森さんが説明するように、驚くほど低くワイドな印象を強く感じさせるクルマでした。特にサルーンは、4人乗りなのに、まるでエキゾチックなスーパーカーのようにも見えます。

 また、シンプルで薄く・低いという他にも、デザイン的なこだわりがあるとか。

「ガラスを立てて、下を絞っているんです」と蔦森さん。

立てるというのは、前や後ろからクルマを見たときの側面のこと。普通のクルマはルーフからボディに向けて、末広がりのようになっています、今回の0(ゼロ)シリーズは、垂直に近くまで側面のガラスが立っていて、裾が細くなっているのです。

「ガラスを立てると、本当は良いことはないんですけれど、今回はあえて立たせて、その中でいかにエモーショナルにしていこうとしています」

 また、顔については「非常に重要である」と言います。

「クルマが他の家電などの工業製品と違うのは、感情移入できることで、いかに愛せるかということだと思うんです。だとしたら、顔回りにも表情をつけていくべきだと思うので、目みたいなところは、なんらかの形で必ず表現していきます。

 ただし、ヘッドライトに限らず、デジタル・デファインドされたものでもいいわけですから、そう言うことも考えていきたいと思います」と蔦森さん。

 もしかすると、ソフトウェアのアップデートで表情を変えることができる未来があるかもしれません。どのようなシリーズになるのかに注目です。

【画像】超カッコいい! ホンダ新型「和製スーパーセダン」を画像で見る(42枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー