「中九州横断道路」全通へ前進! 大分側の「未事業化18km」がルート決定 東九州道接続区間への反響は

大分と熊本を東西に結ぶ中九州横断道路のうち、大分県側で未事業化区間として残る延長約18kmのルートが決まりました。SNSではどのような反響があったのでしょうか。

山間部ルートが「妥当」

 2023年12月4日、国土交通省九州地方整備局が設置する有識者委員会が開かれ、中九州横断道路の大分県側のル―トが全て決まりました。これについてSNSでは、どのような反響があったのでしょうか。

中九州横断道路の接続が計画されている東九州道の大分宮河内IC付近(画像:国土地理院「地理院地図」の空中写真)
中九州横断道路の接続が計画されている東九州道の大分宮河内IC付近(画像:国土地理院「地理院地図」の空中写真)

 中九州横断道路は、大分市と熊本市を東西に結ぶ延長約120kmの地域高規格道路です。ルートは国道57号やJR豊肥本線に概ね並行する形で計画されています。現在は、大分県側の犬飼IC~竹田IC間や、熊本県側の阿蘇市と大津町を結ぶ「北側復旧道路」が開通しています。

 4日の委員会で検討されたのは、大分県内で唯一事業化されていない大分宮河内IC(大分市、東九州道)から犬飼IC(豊後大野市)までの区間です。

 この区間を巡ってはこれまで、道路を山間部に新しく通す案、平地部に新しく通す案、既存の国道や県道を改良する案が示されていました。

 委員会ではこの3案を比較し、災害時に国道の代替路になることや浸水リスクが低いこと、三次医療機関(アルメイダ病院)の30分圏域人口の拡大が最も見込まれることなどから、山間部に新しく道路を通す九州地整の方針案を妥当とし、決定しました。

 これにより、中九州横断道路の大分県側のルートは全て決まったことになります。

 大分宮河内IC~犬飼IC間の整備費は、概算で2200億円から2400億円の見込みです。道路は延長約18km、設計速度80km/h、自動車専用道路タイプとして検討が進められます。中間の大分市吉野地区(県道25号臼杵上戸次線)付近にはICを設置する方針です。

 この中九州横断道路についてSNSでは、「ついにか!!」「ようやく進む。完成すればかなりの経済効果になる」「九州内の交通アクセスがまた一つ良くなるのか。素直に嬉しい」「熊本が近くなることは大賛成」と、計画の前進を歓迎する声が多くありました。

 また、「熊本側も早く!」と、熊本県側での早期整備を望む投稿もありました。

 今後、中九州横断道路の大分宮河内IC~犬飼IC間では、新規事業化に向けた手続きが本格化する見込みです。

【地図】中九州横断道路の計画ルートを地図で見る(14枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー