日産の新型「フェアレディZ」“爆速仕様”発表! 600馬力「V6」搭載の「Z1 600R」に反響も! 迫力エアロも合わせて米で558万円から

2022年に日産「フェアレディZ」の販売が始まっていますが、アメリカの「Z1モータースポーツ」が、600馬力を発揮する現行フェアレディZのカスタムカー「Z1 600R」の販売を開始したと発表しました。このモデルについて様々な反響が集まっています。

600馬力の現行フェアレディZ、「Z1 600R」登場に反響

 2023年10月28日、アメリカの「Z1モータースポーツ」が現行日産「フェアレディZ」を600馬力までパワーアップさせたカスタムカー「Z1 600R」の販売を開始したと発表しました。

 これについて、日本のSNSユーザーから反響が集まっています。

600馬力化されたフェアレディZ…「Z1 600R」
600馬力化されたフェアレディZ…「Z1 600R」

 フェアレディZは日産を代表するスポーツカーで、現行型は2022年に登場した7代目です。

 2023年の夏にはハイスペックモデルの「フェアレディZ NISMO」が発表され話題を集めました。

 そんななか、米ジョージア州に本拠を置くチューニングメーカーのZ1モータースポーツが、現行フェアレディZのカスタムカー「Z1 600R」を発表しました。

 最高出力600馬力を発揮するZ1 600Rには、Z1モータースポーツ製の強化されたブレーキや、LSDなど卓越したパフォーマンスを発揮するための改造が30点以上施されます。

 パワートレインは、冷却効率を最適なレベルに保ちながら出力を向上させるように設計された大型のターボチャージャーに、インタークーラー用にアップグレードされた熱交換器、改善された燃料ライン、カーボン製吸気システムが組み合わされています。

 足元には、600馬力に強化されたマシンをコントロールするためフロントに6ピストンモノブロックブレーキキャリパー、リアに4ピストンのキャリパーを装備。

 外装は、専用のバッジとカーボンファイバー製のエアロが装備され、空力的にもそのパフォーマンスを向上させています。

 Z1 600Rのパッケージ価格は、3万7000ドル(約558万円)からです(フェアレディZ本体価格は除く)。

※ ※ ※

 Z1 600Rの登場に「カッチョイイ!」「普通にかっこいいなあ」「やばい欲しい」と称賛の声が多数集まっています。

 一方で、現行Zが人気で手に入りにくいことから、「そういえば新型Zって全然見たことない」「日本車が日本で買えない。悲しいなあ」と新型Zを熱望する声など、様々な反響が集まっていました。

日産・フェアレディZ のカタログ情報を見る

【画像】めちゃカッコイイ! 600馬力の新型「Z1 600R」を画像で見る(17枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー