トヨタ「すごいカローラ」実車展示! ド迫力5本出しマフラー&エアロ装着!? カッコ良すぎる姿に驚愕… 「Type TK」とは

「東京オートサロン2024」のTOM'Sブースでは、「TOM’S GRカローラ Type TK」を実車展示しました。

勝田貴元選手とのコラボ第2弾…「すごいGRカローラ」とは

 2024年1月12日から15日に開催された「東京オートサロン2024」のTOM’Sブースでは、「TOM’S GRカローラ Type TK」を実車展示しました。
 
 どのような特徴があるモデルなのでしょうか。

後ろからの迫力がすごい! 東京オートサロン2024のTOM'Sブースに展示された「TOM’S GRカローラ Type TK」
後ろからの迫力がすごい! 東京オートサロン2024のTOM'Sブースに展示された「TOM’S GRカローラ Type TK」

 東京オートサロン2024のTOM’Sブースでは、「TOM’S GRカローラ Type TK」(以下GRカローラ Type TK)が展示されました。

 このGRカローラ Type TKは、同社のF3ドライバー出身で現FIA世界ラリー選手権に参戦するドライバー・勝田貴元選手のこだわりと熱い想いを具現化したモデルです。

 ベースとなるGRカローラは、フロントフェンダー/リアフェンダーともにトヨタ「カローラスポーツ」から片側約30mm拡幅し、ワイドなスタンスを実現。

 さらにフロントバンパーにインテーク、フロントフェンダーとフードバルジにアウトレットを設けることで空力性能や冷却性能を向上されました。

 さらにフロントを60mm、リアを85mmワイドトレッド化することにより高い旋回性能を実現しています。

 パワートレインはGRヤリスにも搭載される1.6リッター直列3気筒インタークーラーターボエンジンをさらに強化して搭載。

 駆動方式は、GRヤリスに搭載されたスポーツ4WDシステム「GR-FOUR」を最適化して搭載しています。

 展示されているGRカローラ Type TKは、RZグレードをベースとしています。

 見た目では、WRCマシンをモチーフとしたアグレッシブなデザインを再現。

 フロントバンパー開口部を拡大して冷却効率を向上させたほか、大型カナードやサイドディフューザーを追加したことで、どのような路面状況でも安定した操縦性能を可能にします。

 リアには「トムス・バレル」と呼ばれる5本出しマフラーを装着する他、専用リアディフューザーとリアルーフウイングと組み合わせることで、純正とは大きく印象が変わっています。

 そんなGRカローラ Type TKについて、勝田貴元選手はTOM’S公式SNSで次のように話しています。

「GRヤリスに続く第2弾となるモデルで、色々な部分を改善して、もっとやりたいようにやらせてもらいました。

 わがままを言いまくって色々な所を手直ししてやっと完成しました。写真や映像よりも実車は何倍もかっこよく見えます」

※ ※ ※

 なお東京オートサロン2024でのTOM’Sブースでは、GRカローラ Type TK以外に「LEXUS IS500」、実車初披露となった「アルファード」、初公開となった「LEXUS LM」(ショーファースタディモデル)、「プリウス」。

 さらにはレストア事業第1弾モデルとして「80スープラ」もお披露目され、大きな注目を集めていました。

【画像】「えっ…!」カッコいい「すごいカローラ」の画像を見る!(58枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー