ワイルドすぎるスバル「フォレスター」登場!? 黒ボンネットがめちゃカッコいい! アウトドア最強の「ラギッド仕様」とは?

スバルの人気SUVのひとつである「フォレスター」ですが、販売店オリジナルの特別モデルが設定されていることがあります。千葉スバルが販売する「ラギッド仕様」とはどのようなモデルなのでしょうか。

ディーラーオリジナルのフォレスターがめっちゃイイ!

 SUVのラインナップが豊富なスバルですが、そのなかでも世界戦略車としてグローバルで販売される「フォレスター」は人気モデルのひとつとなっています。
 
 現行モデルは2018年6月に発表された5代目モデルで、乗る人すべてが愉しく快適な空間を共有できるよう、取り回しのよさと室内の広さを両立したパッケージングや使い勝手の良い装備を採用したといいます。

千葉スバルオリジナルの「フォレスター ラギッド仕様」
千葉スバルオリジナルの「フォレスター ラギッド仕様」

 エクステリアはスバルのデザインフィロソフィー「DYNAMIC×SOLID」を用いた、SUVらしいたくましさが感じられるデザインを特徴としています。

 搭載されるエンジンは、2リッターe-BOXER(ハイブリッド)と1.8リッターターボを設定。駆動方式は全車シンメトリカルAWDとし、悪路走破性を高める「X-MODE」が装備されるなど、優れた四駆性能を誇ります。

 そんなフォレスターですが、販売店によっては個性的な特別仕様車が設定されることがあり、千葉スバルはオリジナルの「ラギット仕様」を用意。アウトドアテイストあふれるフォレスターに仕立てることができる各種パーツを販売しています。

 装着可能なグレードは「X-BREAK」および特別仕様車の「X-EDITION」。外観は、よりラギッド(武骨な・丈夫な)にするために、ボンネットとリアゲートにマットブラックのラッピングを施工。

 ホイールアーチやサイドのクラッディングにはゴツゴツしたチッピング塗装を施したほか、サイドにはブラックのガーニッシュも装着され、ワイルドな外観を実現しました。

 また、ブラックのホイールも装着。北米仕様の本格四駆モデルの「ウィルダネス」専用のものを使用。ヨコハマ「ジオランダー A/T G015」のホワイトアウトレタータイヤと組み合わせて、ワイルドさを強調しています。

 ほかにも、南アフリカのRVパーツ&キャンプギアメーカーである「FRONT RUNNER」のルーフキャリア(1165mm×1358mm)や、このルーフキャリアとの相性が良い「DARCHE(ダーチ)」製のサイドオーニングなど、フォレスターを相棒としたアウトドアをもっと身近に感じられるアイテムを採用しました。

※ ※ ※

 千葉スバルのラギット仕様に備わる特別装備の価格は、通常は総額147万6200円ですが、特別価格として121万円で販売されています(車両本体価格は別)。

スバル・フォレスター のカタログ情報を見る

【画像】「えっ…!」めちゃカッコいい! これが最強の「フォレスター」です!画像を見る(34枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー