めちゃ“オシャ”な「プロボックス”SUV”」登場!? “ド迫力バンパーガード装備”でもはや「トヨタの商用バン」感なし! 鮮烈ブルーのステルス仕様とは

カスタムカーショップのステルスは、「名古屋モビリティショー2023」で、「プロボックス」のカスタムカーを出展。そのオシャレなデザインに注目が集まっていました。

女性にも乗りやすいアウトドア風味な「プロボックス」!

 2023年11月23日から26日にかけ行われた「名古屋モビリティショー2023」には、様々な企業がオリジナルのカスタムカーを展示していました。

 そんな車両の中で目を引かれたのが、ステルスが展開する「プロボックス」です。その詳細について、探ってみました。

めちゃオシャ! ステルス仕様の「プロボックス」
めちゃオシャ! ステルス仕様の「プロボックス」

 埼玉県を本拠に置き、大阪や盛岡など日本各地に店舗を構えるステルス。これまではトヨタ「ハイエース」や日産「キャラバン」といった商用バンのカスタムを中心に展開していました。

 そんなステルスが、新たに提案するのが「プロボックス」です。車体カラーには穏やかなブルーを使用しています。

 スタッフに話を伺うと、この新しいカスタムプロボックスは「アウトドアという流行に合わせて作った」と話していました。その際に「女性でも乗りやすいよう、プロボックスらしい格好良さを維持しつつ、カワイさも取り入れた」とのことです。

 実際、プロボックスのカスタムといえば、アウトドア性を高めたり、タフさを引き上げたりしたような車両が多く感じます。

 しかし、このステルスのカスタムプロボックスはルーフラックなどを装備しつつも、さほど“押し”が強くない、オシャレなテイストに仕上がっています。

 フロントフェイスはオリジナルのバンパーガードを装備し、艶のない黒いカラーリングを施しています。

 車内に目を向けると、ブラウンのシートカバーが備わり、商用車とは思えない雰囲気です。

 スタッフによると、このステルスのカスタムプロボックスは、新車をカスタムする「コンプリートカー」での提供となるようです。そのためメーカー保証もしっかり備えています。

 また「追加するパーツを吟味すれば、ハイブリッドモデルでも300万円以内に収めらます。お手頃さには自信があります」と話していました。

※ ※ ※

 プロボックスは、トヨタが2002年から展開している商用バンです。パワートレインは最高95馬力・121Nmの1.3リッター直列4気筒エンジンモデル、最高109馬力・136Nmの1.5リッター直列4気筒エンジンモデル、最高74馬力・111Nmの直列4気筒エンジンと最高61馬力・169Nmのモーターを組み合わせたハイブリッドモデルを用意しています。

 これらの優れたパワーや、商用向けならではの高い積載量をあわせ持つことから、最近ではアウトドアテイストをもたせる改造を施してして個人として利用する人も増えています。

トヨタ・プロボックス のカタログ情報を見る

【画像】超カッコイイ! ステルス仕様の「プロボックスSUV」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー