丸目4灯「新型スポーツカー」実車展示が終わる? 6速MT+超レトロで話題に! 「謎のM55」はどうなる?

ミツオカは、創業55周年記念モデル「M55 CONCEPT」を2023年11月16日に特設ページにて公開。その後、麻布ショールームで実車展示していますが、まもなくその期間が終了となります。その後はどうなるのでしょうか。

年内で都内の実車展示が終了… その後は?

 2023年12月16日で麻布ショールーム(東京都港区)での実車展示が終わるミツオカ「M55 コンセプト)」。
 
 ホームページでの初公開から大きな話題となっています。

丸目が素敵な「M55」東京では12月16日までの展示
丸目が素敵な「M55」東京では12月16日までの展示

 これまでミツオカは、2018年の50周年の節目の折には新たな50年に向けたメッセージを発信し、創業50周年記念モデル「ロックスター」を発表。

 2020年にはミツオカ初のSUV「バディ」を発表し、2023年9月には、30周年を迎えた超ロングセラー「ビュート」のシリーズ後継モデル「ビュート ストーリー」を発表するなど、話題が絶えません。

 そんな中、発表されたM55は、2023年11月16日に同社の創業55周年を記念して製作されました。

 メインターゲットは1968年創業のミツオカと同じ55年の人生を歩んだ「同世代の人達」だと言います。

 感受性豊かな少年・少女時代に体験した様々な出来事や1970年代の時代感覚をベースに、当時の夢や希望に満ち溢れ、先の未来を変える大きなエネルギーの中、時代を駆け抜けた人達のマインドを形にしたものがM55。

 デザインは「大人のハッチバックスタイル」をテーマに1970年代に登場したスポーティモデルを思い起こさるシルエットになっています。

 フロントフェイスはボンネット先端が突出した逆スラントで、グリルやヘッドライトは一段奥まった部分に配置。グリル周囲および丸目4灯のヘッドライトにはメッキベゼルを装備しており、華やかな印象を与えます。

 サイドはホワイトレター入りタイヤにブラックホイールを組み合わせることで、マッスルカーのように感じさ、リアはウインドウルーバーやブラックのダックテール型スポイラー、曲線的なテールランプを備えるています。

 インテリアは、ブルーのシートにはハトメ加工が施されるなど、1970年代を代表するスポーツモデルの要素が取り入れられました。

 そんな個性的なデザインのM55ですが、2023年11月24日から12月16日まで「MITSUOKA麻布ショールーム/GALLERY麻布」 で実車展示が行われています。

 現地を訪れたユーザーからは「こんなデザインのクルマが欲しい」、「ミツオカらしいデザイン」、「ベース車がなにか分からないほどこだわってる」という声が。

 また「市販化して欲しい」という声も多く聞かれました。その要望に対して担当者は「市販してほしいというコメントも多く、こちらとしてもむしろ市販化したいと考えています」と語っていました。

※ ※ ※

 2023年内の実車展示は前述の通り、12月16日で終了となります。

 年明け以降は、2024年 1月12日から1月28日まで「MITSUOKA富山ショールーム」 にて展示され、その後は「反響次第」で新たな動きが見られるかもしれません。

【画像】丸目4灯が超カッコイイ! 「M55」を画像で見る(66枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

1 2

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー