23年落ち日産「2ドアクーペ」が2000万円超え! 新車価格の約3倍で落札の「超極上車」! クールな真っ黒「スカイラインGT-R」英で落札

イギリスからオークションに出品された23年落ちの日産「スカイラインGT-R Vスペック」が、12万1500ポンド(約2230万円)で落札されました。どのようなクルマなのでしょうか。

英から2000年式「スカイラインGT-R」が出品

 オンラインオークションのコレクティングカーズに23年落ちの日産「スカイラインGT-R Vスペック」がイギリスから出品され、2023年8月5日に12万1500ポンド(約2230万円)で落札されました。どのようなクルマなのでしょうか。

コレクティングカーズに出品された日産「スカイラインGT-R Vスペック」(photo:Collecting cars)
コレクティングカーズに出品された日産「スカイラインGT-R Vスペック」(photo:Collecting cars)

 スカイラインGT-Rは、日本の自動車史に燦然(さんぜん)と輝く名車中の名車です。今回落札されたのは「R34」と呼ばれる5代目の2000年式で、「スカイライン」を冠するGT-Rとしては最後の世代となります。

 グレードのVスペックは、標準仕様に対してディフューザー(車体下に入った空気を整流するパーツ)の装備、差動装置の換装(アテーサE-TSの「PRO」化)、サスペンションのハードチューンなどが施されています。当時の日本での新車価格は標準仕様より60万円高い559万8000円でした。

 スカイラインGT-Rは4代目の「R33」以降、わずかながら日本からイギリスに正規輸出されており、現地で当時掲げられたプライスタグは5万ポンド(1000万円)以上。ただ、今回の落札車は正規のイギリス仕様ではなく、2000年に日本で初登録されたものです。2010年にイギリス(北アイルランド)に並行輸出されました。

 出品者の情報によると、所有した15年間で走行した距離はわずか123kmといいます。これはメカニズムの膠着を防ぐための最低限の距離であり、大切に「動態保存」されていたと思って良いでしょう。

 後付けパーツは多岐にわたって数多く装備されています。インテリアは、赤ステッチを施したレザー、ニスモ320km/hスケールスピードメーター、カーボンパネルが印象的です。

 外装やメカニズムは、ニスモリアスパッツ、ニスモ調整式サスペンション、ニスモLMGT4ホイール、ニスモV-スペックIIカーボンボンネット、ニスモサイドアンダースカート、ニスモマフラー、HKS GT-RSターボキット、HKSオイルクーラーキット、HKSブローオフバルブ、Kansaiサービスストラットタワーバー、ブリッツターボタイマーなどが装着されています。

 近年、日本生まれの中古スポーツカーが世界的に高騰している話をよく耳にするようになりました。

 スカイラインGT-Rはその象徴であり、数千万円がざらになっていますが、イギリスでの現地価格と経済成長を踏まえると、今回の12万1500ポンドというのは「驚きの高騰ぶり」というより「妥当な評価額」という見方もできるのではないのでしょうか。

【画像】真っ黒ボディがカッコいい! 出品された「スカイラインGT-R」を写真で見る(16枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. GT-Rは駆け抜ける神話…

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー