高速道路の「黄パトカー」なぜ大型SUV? 悪路を走らないのにランクルを採用するワケ

名古屋高速道路公社が、業務で使用するパトロールカーを名古屋モビリティショー2023に出展しました。なぜ大型のSUVを採用するのか話を聞きました。

「ランクル」や「CX-5」をパトロールカーに採用

 2023年11月に開催された名古屋モビリティショー2023には「はたらくクルマコーナー」が設けられていました。そこに展示されていたのが、名古屋高速道路公社の交通管理用パトロールカーです。このベース車や用途などについて、話を聞きました。

展示されたマツダ「CX-5」ベースの名古屋高速の道路パトロールカー
展示されたマツダ「CX-5」ベースの名古屋高速の道路パトロールカー

 名古屋高速道路公社のパトロールカーは、管理している高速道路で事故などが発生した際に出動で使います。車内には回転灯や無線機、ロードコーン(パイロン)といった多くの装備を載せています。

 今回展示されたパトロールカーのベース車は、マツダのSUV「CX-5」です。これまでトヨタのSUV「ランドクルーザー(ランクル)」を使用していましたが、現在新型ランクルの人気が高く納車待ちを伴う状態となっているため、追加でCX-5を採用したとのことです。

 価格は、車体費用に加えパトロールカーへの改造費が500万円ほどするそうです。ルーフに備わった大きな警告灯などを見るとベース車からかなり様変わりしていますし、改造費の高さもうなずけます。

 また、車内には無線機などを追加し、いつでも連絡が取れるようになっています。

※ ※ ※

 CX-5はマツダの中でも大きめのSUVですが、この名古屋高速道路公社に限らず、各地の高速道路事業者はこの手のパトロールカーにさらに大きなランクルなどの大型モデルを採用しています。

 オフロードを走ることはなさそうなので、トヨタ「C-HR」などでも需要を満たせる気もしますが、会場のスタッフいわく「豊富な積載量と走行性能に鑑みて採用している」とのことです。

 前述のとおり、パトロールカーは様々な装備を搭載するため、大きな車内空間が必要です。そしてさらに、高速道路での合流なども考えると、車両が重くなっても十分な速度を出せなければなりません。

 それらを満たすためには、やはりランクルのような大型モデルが必要となるそうです。

 実際に会場のスタッフから「ランクルタイプが使いやすい」といった声も聞かれました。

【画像】車内や搭載品も公開! これが「CX-5」ベースの黄パトです! 写真を見る(30枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

4件のコメント

  1. テレビ番組の特集で、時々高速道路の道路パトロールカーの活動を紹介しているのを見るが、高速道路でいろいろな落とし物を回収してくれるのが、この人々。その落としたものを回収して、車に収めることを考えると、ランクルの方が落としたものをたくさん入れることができるだろう。車もエンジンも大きくて、高速道路で使うのには最適だろう。物を落とさないように走るのは当然のことであって、お世話にならないようにしてもらいたい。

  2. 若い人は知らんかもしれませんが、以前はセドリックとかが使われていました。ある時、追突事故で職員が亡くなり、追突にも負けない丈夫な車が使われるようになりました。ランクルになったのはそれからですね

  3. キャラバンじゃダメなんかな。
    ただ単に「ランクルに乗りたい」だけなんじゃない?

  4. 乗員保護が最上位でしょうねぇ。
    大型車が100km/h程度で突っ込んできた時の生存確率の向上を考えれば前にも後ろにもクラッシャブルゾーンを確保できるサイズの車が必要ですね。

    と言うか改造費500万の時点で車体にも相当手を入れてるというのは容易に想像がつくね、警らのパトカーでさえ200万程度だからねぇ。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー