4車線バイパスをもう1本! 国道112号「山形南道路」の“大まかなルート”決定 採用案への反響は

国道112号の新バイパス「山形南道路」のルートが、大半を新しい道路で整備する「別線整備案」に決まりました。これに対しSNSではどのような反響があるのでしょうか。

「現道活用案」と「別線整備案」を比較検討

 山形市内を通る国道112号の新バイパス「山形南道路」の整備方針が決まりました。大まかなルートが固まりましたが、SNSではどのような反響が寄せられているのでしょうか。

生活交通と物流交通が混在する付近の道路(画像:国土交通省東北地方整備局)
生活交通と物流交通が混在する付近の道路(画像:国土交通省東北地方整備局)

 2023年11月、仙台市で国土交通省社会資本整備審議会道路分科会の東北地方小委員会が開かれました。この中で山形南道路のルートが検討され、区間の大半を新しい道路として整備する案に決まりました。

 山形南道路は、東北中央道の山形上山IC付近(山形市蔵王)から山形中央IC付近(同・西崎)までを、市街地の外縁に沿って結ぶ計画です。

 これまで、県道51号山形上山線などの既存道路を拡幅する「現道活用案」と、新しい道路を造る「別線整備案」を比較する形で検討されてきました。

 15日の会合では、国交省は地元住民や事業者を対象に実施したアンケート調査で、渋滞緩和や救急搬送の安定性・速達性向上、交通事故減少を求める声が多かったことを説明。そのうえで地域の課題を解決するための政策目標を踏まえて、より整備効果が期待でき、かつ整備費が「現道活用案」より100億円ほど抑えられる「別線整備案」が妥当と判断されました。

 別線整備案は、山形上山IC付近の国道13号からJR蔵王駅西側までと、谷柏付近から山形中央IC付近までの2区間に新たな道路を整備し、その間は県道51号を改良してつなぎます。

 延長は約9kmで、道路は4車線、設計速度80km/hで計画。事業費はおよそ620億円から720億円を見込みます。今後は、概略ルートや構造などの検討が行われます。

 SNSでは、「道路新設はありがてぇ…」「はやく開通お願いします!」「現・西バイパスの慢性的な渋滞が少しでも緩和することを期待します」など、早期整備を望む声が多くありました。

 また、「住宅街を通る道路は早く改善した方が良い」「山形市街に沿って実質的に環状線ができるわけか」といった感想もありました。

 なお、山形南道路の終点となる西崎から先は、国道112号「山形中山道路」が接続する計画です。国道112号(現道)などの混雑緩和を目的に中山町大字達磨寺までの7.4kmを結ぶ予定で、2020年度に事業化されています。

【地図】国道112号「山形南道路」の大まかな計画ルートを地図で見る(18枚)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー