中央道「3週間」にわたり1車線に 昼間も車線規制し渋滞最大10km予測

中央道の土岐JCT~小牧東IC間で、改修工事の準備のため、昼夜連続の車線規制が計画されています。期間中は渋滞も予測されています。

土岐JCT~小牧東IC間で車線規制

 中央道の土岐JCT~小牧東IC間で、昼夜連続の車線規制を伴う工事が計画されています。期間中は渋滞が予測されており、注意が必要です。

中央分離帯を横断する車線運用のイメージ。写真は今回とは別工事の例(画像:NEXCO中日本)
中央分離帯を横断する車線運用のイメージ。写真は今回とは別工事の例(画像:NEXCO中日本)

 車線規制の期間は、2024年2月26日朝9時から3月16日朝6時までの3週間です。予備日として、3月23日朝9時から4月6日朝6時までの2週間も予定されています。ただしいずれも、週末の土曜朝6時から月曜朝9時までは除きます。

 区間は、上り(東京方面)が小牧東IC→土岐JCT間、下り(名古屋方面)が土岐JCT→多治見IC間です。

 期間中は、走れる車線が通常の片側2車線から1車線に減ります。

 このため、上りは5時~11時頃に最大10km、下りは15時~19時頃に最大5kmの渋滞が予測されています。

 NEXCO中日本は、一般道への迂回や利用時間の変更、公共交通機関の利用の検討を予備かれています。

 なお、規制期間中に一般道へ迂回した場合、ETC車を対象に、工事区間を直通利用した場合と同額になるよう料金調整が行われます。

 今回の工事の内容は、2025年度以降に下り線で計画されている橋梁床版取替工事の準備です。今後、下り線の追越車線を上り線側に移す必要が生じるため、今回はそれを見据えて、上下線をまたぐ箇所の中央分離帯を改良します。

【地図】車線規制と渋滞予測の区間を地図で見る(7枚)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. 予備日として、3月35日朝9時から…

    いつ?

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー