ホンダ新型「シティ」発表! めちゃカッコイイ「コンパクトセダン」! 全長4.5m級の「新型モデル」墨で登場

ホンダのメキシコ法人は2023年11月23日、コンパクトセダン「シティ」の2024年モデルを発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

ホンダ新型「シティ」発表

 ホンダのメキシコ法人は2023年11月23日、コンパクトセダン「シティ」の2024年モデルを発表しました。

めちゃカッコイイ! ホンダ新型「シティ」
めちゃカッコイイ! ホンダ新型「シティ」

 ホンダのシティといえば、1981年に発売された初代を思い浮かべる人も多いでしょう。初代シティは「トールボーイ」と呼ばれた斬新なデザインに加え、ターボやカブリオレなどの多彩なバリエーションを展開し、若者を中心に人気を集めました。

 しかし、ロー&ワイドなデザインにモデルチェンジした2代目は販売が低迷。1995年に販売終了となりました。

 日本国内での販売終了後、シティの名は1996年、新興国向けコンパクトセダンとして復活。現行型は2019年に登場した7代目で、タイやシンガポール、マレーシア、フィリピン、ベトナムなどで、4ドアコンパクトセダン(タイでは5ドアハッチバックもあり)として販売されています。

 今回メキシコで発表された新型シティは、この7代目の一部改良モデルです。

 2024年モデルはフロントフェイスを一新しました。横フィンタイプだったグリルはメッシュタイプに変更。グレードによってグリルはクロームまたはグロスブラックとなります。

 また、バンパー下のエアインテークとフォグランプベゼルの意匠も変更し、高級感とスポーティさを演出しました。

 メキシコ仕様のシティは上位から「ツーリング」「プライム」「スポーツ」の3グレードを展開。ボディサイズは全長4560mm×全幅1748mm×全高1477mm。パワートレインは全グレード共通で最高出力119馬力・最大トルク145Nmを発揮する1.5リッター4気筒VTECガソリンエンジンとパドルシフト付CVTを組み合わせます。

 スポーツおよびツーリングは、グリル、サイドミラー、ルーフ上のシャークアンテナが光沢のあるブラック仕上げで、よりスポーティな外観。プライムはグリルとドアハンドルはクローム仕上げ、ミラーとアンテナはボディ同一色とし、エレガントな外観となっています。

 シートはスポーツとプライムがファブリック、ツーリングは合成皮革。プライムとツーリングは本革巻きステアリングホイールとカップホルダー付きリアセンターアームレストを装備します。

 安全装備は全グレードに6エアバッグ、電子ブレーキ分配システム(EBD)付きABS、車両安定性支援(VSA)、タイヤ空気圧モニタリング(TPMS)を装備。最上位グレードのスポーツは先進安全装備「ホンダセンシング」を搭載します。

 メキシコ向けシティの2024年モデルはホワイト、グレー、レッド、ブルー、ブラック、シルバーの6色を展開。発売は12月1日です。

ホンダ・シティのカタログ情報を見る

【画像】めちゃカッコいい! ホンダ新型「シティ」を画像で見る(30枚以上)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

5件のコメント

  1. 馬鹿の一つ覚えみたいに みたいに めちゃめちゃと、それしか、言えんのか(ノ-_-)ノ~┻━┻

  2. そんな、国内販売予定のない異国のモデルを紹介されてもなぁ…。現行Fitより洗練されていて6MTがあっていいクルマには違いないんだろうけど、なんだかなぁー。

  3. ホンダ車ってどれも同じに見える

  4. これのワゴン(シャトル)がでればいいなぁ

  5. 名前は前のモデルの血統があるからだと思うんだよね。
    正直ボディーラインがトールボーイじゃないから、売るために名前だけ語ってる感じ。魅力ない。
    まして、オートマだけでしょ。MTじゃなきゃCITYじゃない。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー