全長5m超えのトヨタ「正統派セダン」発売! 新型「クラウンセダン」は「Sクラス」になれる? ショーファーに必要な条件とは

ショーファーセダンというカテゴリーをリードするメルセデス・ベンツ「Sクラス」には、「匿名性」という大きな武器があります。トヨタから発売された「クラウン セダン」は、Sクラスのような「匿名性」をもったショーファーセダンとなれるのでしょうか。

Sクラスの大きな武器である「匿名性」とは

 ショーファーセダンというカテゴリーをリードするメルセデス・ベンツ「Sクラス」には、「匿名性」という大きな武器があります。
 
 トヨタから発売された新型「クラウンセダン」は、Sクラスのような「匿名性」をもったショーファーセダンとなれるのでしょうか。

 新型「クラウンセダン」はメルセデス・ベンツ「Sクラス」になれるのか?
新型「クラウンセダン」はメルセデス・ベンツ「Sクラス」になれるのか?

 2023年11月2日、トヨタは新生クラウンシリーズの第3弾となる新型「クラウンセダン」を発売しました。

 新型クラウンシリーズがSUVを中心としたラインナップへと大きく生まれ変わったなかで、FRレイアウトを活かした正統派のセダンであるクラウン セダンは、歴代クラウンが担ってきたショーファーニーズを満たすモデルとなることが期待されています。

 一方、このカテゴリーで大きな存在感を放ち続けているのが、メルセデス・ベンツのSクラスです。

 メルセデス・ベンツのフラッグシップモデルであるSクラスは、高級セダンのベンチマーク的存在として、世界の高級車市場を長らくリードしています。

 日本においても、年間数千台の販売台数を安定して記録し続けているなど、ライバルであるBMW「7シリーズ」やアウディ「A8」、そしてレクサス「LS」を圧倒しています。

 Sクラスがこのカテゴリーをリードし続けている大きな理由が、クルマそのものの仕立ての良さにあることは言うまでもありません。

 一方、実際の販売の現場を見ると、Sクラスを求めるユーザーが「ある視点」を高く評価していることがわかります。

 それが「匿名性」です。

 世界屈指の経済大国である日本では、1000万円を超えるような高級車を購入できるだけの資産があるユーザーは少なくありません。

 金銭的に余裕がある場合、快適性や機能性に優れた高級車を選ぶことは非常に合理的です。

 ただ、資産家であることを積極的にアピールすることを好まないユーザーも多く、「過度に目立たない高級車」を求めるユーザーが一定数存在するとされています。

 その点、このカテゴリーでトップクラスの販売台数を誇るSクラスは、都市部においては決してめずらしいものではなく高い「匿名性」を持っています。

 もちろん、世界トップクラスの快適性や機能性を備えていることから、上質な移動空間を提供してくれることは言うまでもありません。

 こうした高い「匿名性」は、Sクラスの大きな武器のひとつになっていると考えられます。

【画像】「えっ…!」これがトヨタの全長5m超え「セダン」 豪華なデザインを画像で見る! (50枚以上)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

1 2 3

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

3件のコメント

  1. 3シリーズCクラスの全幅に絞った5シリーズEクラスのライバルに戻れ

  2. 毎度毎度の出鱈目な文章を書く PeacockBlue K.K.か。
    クラウンがベンツのSクラスにランクアップしていても、センチュリーがロールスからランクダウンしているからレクサスLSのレベルで三つ巴の喰い合いになるのでは?
    そもそも”匿名性”と言ってもベンツのEクラスとかなら知らんがSクラスになればバレバレだろう。

  3. 現行S乗ってますけど、そんなの意識したことも聞いたことないです。その論理でいくなら、多少の高級性と多数性を備えていればSじゃなくていいでしょう。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー