「30年前の軽トラ」が190万円で落札!“少しいじった”ホンダ「農道のNSX」が米オークションに出品

1993年製のホンダ軽トラック「アクティ」が米オークションサイトに出品され、約190万円で落札されました。原形から少し見た目が変わっていますが、どのような車両なのでしょうか。

日本の軽トラがオークションに

 北米のクルマオークションサイト「Cars and Bids」にホンダの軽トラック「アクティ」が出品され、2023年11月21日に1万2900ドル(約190万円)で落札されました。渡米したアクティは少し手が加わった状態ですが、どのようなモデルなのでしょうか。

オークションに出品されたホンダ「アクティ」(画像:cars&bids)
オークションに出品されたホンダ「アクティ」(画像:cars&bids)

 アクティはホンダ初の4輪自動車「T360」の流れを汲む形で、1977年に初代がデビュー。

 その後、1988年に2代目、1999年に3代目、2009年に4代目とモデルチェンジを重ねてきましたが、2021年に生産を終了しています。3代目までは商用バンタイプも販売されていました。

 軽トラとしては唯一無二のミッドシップエンジン・リアドライブ(MR)という駆動形式を採用していることから、「農道のフェラーリ」、もしくはホンダのMRスーパースポーツカーから名前を取り「農道のNSX」とも呼ばれるなど、今なおマニアックな人気を集めます。

 今回、ユタ州のオーナーから出品されたアクティは1993年製の2代目です。パワートレインは660cc直列3気筒エンジンと5速MTを組み合わせ、最高出力38馬力を発揮します。2WDと4WDの切り替えが可能。走行距離は4万908kmです。

 特徴は、いくつか加飾・改造されていること。15インチホイールやフロントリップスポイラー、フェンダーフレア、ドアバイザーなどが加わり、原形の風貌から少し変化しています。

 白いボディには塗装剥がれやへこみ、汚れなどが少しあるものの、出品前にエンジンオイルとフィルターが交換され、キャブレターも取り替えられたといいます。

 今回の競売では計38回の入札があり、最終的には1万2900ドル(約190万円)で落札されました。

 オークションサイトには122枚の高画質画像が掲載され、車両の状態を詳細に確認できます。

【画像】「え…少し変わった?」在米軽トラ「アクティ」を写真で見る(46枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. 「野長09せ4271」野長ってどこ?ってなるけど、日本語のナンバープレートを頑張って再現しようとしているんだなぁと考えるとほっこりする。

  2. メーターに違和感があるんだよなぁ…通勤で乗ってるけどオドメーターのコマがこの年式だと黒5白1だけど…メーター交換されてる??

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー