めちゃ速かった! 愛知・岐阜で開催のWRC「ラリージャパン2023」に出走のコンパクトハッチ「ルーテシア」がクラス優勝

WRC第13戦「フォーラムエイト ラリージャパン2023」において、ルノー「ルーテシア ラリー5」がラリー5クラスでクラス優勝を果たしました。ドライバーは「くるまのニュース」でもおなじみの自動車評論家、国沢光宏氏です。

自動車評論家の国沢光宏氏がクラス優勝!

 2023年11月16日から19日まで愛知県および岐阜県で開催されたWRC(FIA世界ラリー選手権)第13戦「フォーラムエイト ラリージャパン2023」において、ルノー「ルーテシア ラリー5」で出場したチーム「KUNISAWA.NET」がクラス優勝を果たしました。
 
 ドライバーは自動車評論家の国沢光宏氏で、コ・ドライバーは木原雅彦氏です。

WRC「ラリージャパン」に参戦したチーム「KUNISAWA.NET」のルノー「ルーテシア ラリー5」[右は自動車評論家の国沢光宏氏]
WRC「ラリージャパン」に参戦したチーム「KUNISAWA.NET」のルノー「ルーテシア ラリー5」[右は自動車評論家の国沢光宏氏]

 ラリージャパン2023は、今シーズンのWRC最終戦を飾る一戦です。

 総合優勝は、トヨタが1位から3位の表彰台を独占。なお同チームは3年連続のマニュファクチャラーチャンピオン(メーカー別でも1位)も獲得しています。

 こうしたワークスチームをはじめとするトップクラスの「ラリー1」をはじめ、様々なクラス分けがなされるWRCのなかで、今回カーナンバー41のチーム「KUNISAWA.NET」ルーテシアが参戦したのはラリー5クラスです。

 クラス優勝を果たすとともに、上位クラスの車両をしのぐ速さをみせ、総合でも全36台中19位と、クラスを超えた活躍ぶりをアピールしました。

 ドライバーの国沢光宏氏は1958年生まれの65歳で、モータージャーナリストとしての活動に留まらず、レースやラリーの参戦を重ねており、自らモータースポーツの楽しさをアピールする活動も展開しています。

 ラリージャパンへの参戦は今回で2度目です。

 国沢氏は今回のクラス優勝について次のように話します。

「すごく難しい路面コンディションでしたが、予想外に楽しめました。

 特に最終日の最後のSSは結構攻められたので、また来年も走りたくなっちゃいます」

※ ※ ※

 ラリージャパン2023でのクラス優勝を記念し、ルノージャポンは2023年11月25日に袖ヶ浦フォレストレースウェイ(千葉県袖ケ浦市)で開催するルノー・スポールのイベント「R.S.ULTIMATE DAY」(会場:)において、ルーテシア ラリー5参戦車両の実車を展示する予定です。

【画像】めちゃカッコいい! 激速ラリーカー「ルーテシア」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー