「C-HR」好調のワケ 名は体を表す? トヨタが「らしさ」を捨てたクルマ(写真51枚)

トヨタの「C-HR」が、2017年4月の新車販売ランキング首位になりました。あまりトヨタらしくないクルマですが、好調の理由はそれかもしれません。どのあたりが「らしくない」のでしょうか。

「C-HR」が「プリウス」「アクア」を退ける

 トヨタの新型SUVである「C-HR」が、2017年4月の新車販売ランキングでトップを獲得しました。

 販売ランキングのトップといえば、「プリウス」や「アクア」の指定席で、先だって日産の「ノート」が首位をとったときには、約30年ぶりの快挙とニュースになったほど。そこに、エントリーカーでもなんでもないパーソナル色の強いSUVが座ったのですから、驚くなというのが無理なほどです。

「C-HR」の1位の理由は、「世界的なSUVブームの後押し」「プリウスやノートの不調」「メディアの絶賛」など、いくつも考えられます。そうした複数の要因があるからこそ、1位が実現したのでしょう。

 しかし、試乗やエンジニアへの取材を通して筆者(鈴木ケンイチ:モータージャーナリスト)が個人的に感じたことは、「『C-HR』はこれまでのトヨタ車とはまったく異なる、画期的なクルマである」ということです。

この記事の画像をもっと見る(51枚)

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事