マジで斬新なデザイン&ナビ機能の「新型SUV」現る! 200万円台で買える可能性も? コナってどんなクルマ?

ヒョンデは2023年11月1日に発売した新型SUV「コナ」。見た目も奇抜ながら実はナビ機能にも驚きが隠されていました。どのような特徴があるのでしょうか。

内外装で驚きがある新型「コナ」とは

 ヒョンデといえば、いまやグローバル市場でも高いシェアを持つ自動車メーカー。
 
 そんなヒョンデが日本で2車種目となる電気自動車(BEV)の新型「コナ」を2023年11月1日に発売しました。
 
 実際に街中で試したその印象はどのようなものだったのでしょうか。

斬新一文字ライトを採用した新型「コナ」とは
斬新一文字ライトを採用した新型「コナ」とは

 ヒョンデは2022年2月に日本市場に再上陸を果たしました。

 そして電気自動車(BEV)の「アイコニック5」と燃料電池車(FCEV)の「ネッソ」を発売しています。

 今回、新たに日本市場におけるBEV第2弾として発売されたのがコンパクトSUVのコナです。

 ボディサイズは全長4335mm×全幅1825mm×全高1590mm、ホイールベース2660mmとなり、ホンダ「ヴェゼル」と近しいサイズ感となります。

 デザインにおいて、エクステリアは横一文字ランプとなる「シームレスホライゾンランプ」をフロントとリアに採用。

 またこのフロントランプの中央部分やフロントアンダーグリル、19インチホイールにはアイコンとなるドットデザインが散りばめられているのが特徴です。

 インテリアでは、水平基調のダッシュボードに加えて、12.3インチメーターディスプレイと12.3インチパノラマディスプレイがシームレスに繋がることで、開放感と先進性を感じられるデザインとなっています。

 またパノラマディスプレイ下にはエアコンやシートヒーターなどの物理ボタンが多数配置されています。

 近年のモデルではディスプレイ内で操作することが多いですが、新型コナでは「あえて物理ボタンにすることで誰でもすぐに操作出来るようにしている」と言います。

 また電気制御シフトレバーをステアリングコラムに採用することでセンターコンソールスペースを拡大しており、その部分には可動式カップルホルダーなどが配置され、使い方次第ではハンドバックなどを置くことも可能です。

 後席に関しては、前席シートバック形状を先代モデルより30%えぐることで膝前のスペースを拡大しており、ひとつ上のセグメントのような余裕がありました。

 また新型コナは日本市場でBEVのみの展開となりますが、グローバルではガソリン車なども設定されていますが、BEVを前提にパッケージ開発を行ったことからBEVならではのフラットフロアを実現しており、後席中央部もスッキリしています。

 ラゲッジスペースは、後席の背もたれ機構(1段階)やアンダートレーの高さ調整などにより、28インチスーツケースを3個収納できます。

 このような特徴を持つ新型コナですが、日本市場ではバッテリー容量が「48.6kWh/最高出力99kW」と「64.8kWh/150kW」が設定され、これにタイヤサイズや仕様が異なる全4グレードを設定。

 後続距離はバッテリー容量やタイヤサイズにより異なり、カタログ値で456kmから625kmとなっています。

【画像】「えっ…!」 斬新&驚愕なあの機能が凄い!新型SUVの画像を見る!(49枚)

【武田修宏さん】愛車に最高級コーティングを試した結果は?!(PR)

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。