東北道「浦和IC」11月に大改良 国道463号BP直結ランプが開通! 浦和方面がスムーズに

国道463号越谷浦和バイパスの鶴巻ランプで、新たに2つのランプが開通します。東北道の浦和IC、国道463号バイパス、国道122号は、それぞれどのように変わるのでしょうか。

大門北交差点への迂回解消

 さいたま市緑区の国道463号越谷浦和バイパス鶴巻ランプで、2023年11月14日14時、新たに2つのランプが開通します。

国道463号越谷浦和バイパス鶴巻ランプ(画像:さいたま市)
国道463号越谷浦和バイパス鶴巻ランプ(画像:さいたま市)

 国道463号は埼玉県のさいたま市岩槻区から入間市に至る路線です。このうち越谷浦和バイパスは、越谷市の国道4号神明町(北)交差点から、さいたま市浦和区の国道17号常盤七丁目交差点までを結んでおり、途中の鶴巻ランプで東北道の浦和ICや国道122号と接続しています。

 今回開通するのは、浦和IC上り出口と国道122号上りから国道463号バイパスの浦和方面に向かうランプです。

 現在、このように進むには、国道122号を南下して大門北交差点まで迂回する必要があります。さいたま市によると、埼玉スタジアム2002から国道463号バイパスの新見沼大橋有料道路の料金所まで、この遠回りルートで約13分かかります。

 鶴巻の新ランプ開通後は、国道463号バイパスへ直接入れるようになり、渋滞の多い国道122号を通る必要もなくなるため、所要時間は約8分に縮まるといいます。大門北交差点で右折するクルマも減り、国道122号の渋滞改善も期待されています。

 なお、同ランプでは今後、国道463号バイパスの浦和方面から浦和IC下り入口につながるランプも整備される予定です。

【画像】東北道と国道463号バイパスをつなぐ「新ランプ」を図で見る(9枚)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー