斬新「”デカすぎ”シート」公開!? なぜ「巨大アルファード内装」作った? 童心に帰れる「ギガンティックモデル」の正体とは

2023年10月25日、トヨタ車体は、「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」にて、新型「GLOBAL HIACE BEV CONCEPT 」など様々なクルマを世界初公開しました。そんなトヨタ車体ですが、斬新な「“デカすぎ”シート」も公開していました。なぜ巨大なシートを制作したのでしょうか。

めちゃ楽しい斬新「デカすぎシート」公開

 2023年10月25日、トヨタ車体は、「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(以下JMS2023)」にて、新時代の新型商用バン「GLOBAL HIACE BEV CONCEPT 」や、次世代のキャブワゴン「X-VAN GEAR CONCEPT」、最上級ミニバン「VELLFIRE Spacious Lounge CONCEPT」を世界初公開しました。

 そんなトヨタ車体ですが、斬新な「“デカすぎ”シート」も公開していました。これにはどのような目的があるのでしょうか。

デカッ…!なぜ巨大なアルファード内装を再現したのか
デカッ…!なぜ巨大なアルファード内装を再現したのか

 トヨタ車体は、「ハイエース」や、「ランドクルーザー」、「ヴェルファイア」など、トヨタ車の一部の生産・開発などを行うトヨタの子会社です。

 そんなトヨタ車体が展示していたのが、先代モデルとなる3代目「アルファード」の内装を、1.7倍にスケールアップした“ギガンティックモデル”。

 シート座面自体はもちろん、ドリンクホルダーなどの装備や奥側のドアも忠実に“1.7倍化”されており、乗り込めばまるで巨大なアルファードに乗っているかのような気分を味わえます。

 トヨタ車体の担当者はこのギガンティックモデルの制作経緯について以下のようにコメントしています。

「クルマについての子供のときの思い出を考えたら、一番楽しかったのは、ミニバンに乗っていたときだと思いました。今回はそんなひとときを思い出していただくために、大人でも子供の視点を思い出せる“1.7倍モデル”を用意しました」

 実際、トヨタ車体のブースでは、このギガンティックモデルに座って撮影を楽しめるコーナーが用意されています。

 1.7倍に拡大されたフライドポテトなど、小道具も用意されており、“童心に帰る”ことが可能です。

 トヨタ車体ブースには、前述のGLOBAL HIACE BEV CONCEPT や、X-VAN GEAR CONCEPT、VELLFIRE Spacious Lounge CONCEPTといった、魅力的なコンセプトカーもありますので、これらを見に来た際には一緒に“ユニークな一時”も体験してみてはいかがでしょうか。

トヨタ・ハイエース のカタログ情報を見る

【画像】「えっ…!」これが”斬新”「デカすぎシート」です!画像で見る(29枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー